第56回四国合唱コンクールが終わりました


9/4に徳島県鳴門市で開催された四国合唱コンクールから、しばらく経ちました。

Chorsal《コールサル》の結果は、金賞でしたが四国代表ではありませんでした。
残念ではありますが、現時点での全力と工夫を尽くして積み上げてきたことに
後悔はありません。むしろ、やったった!という気分(笑)。

同時に、まだまだ足りないものを突き付けられた感じです。
しかし今年は、何年も突き付けられてきたことに向き合って練習していたので
突き付けられても、今まだファイティングポーズを取ったまま、という感じです。
どこがどうなのか?という事は判っているので
ただもう少し時間はかかりそうなので、
そっくりそのまま、いつか突き返してやる!!と心に決めています(笑)。


毎回思うのですが
支部コンクールのシビアな勝ち負けは別にして
そこに集ってくる一般団体の「四国の仲間たち」と再会できるのは
わたしにとってやっぱり楽しみな時間です。
年に1回しか会わない仲間たちもいますし
二言三言かわす会話が、とても楽しい。

こうやって皆がそれぞれの場所で、四国の合唱を彩っています。
同じく合唱を盛り上げようとしている大切な仲間です。
またどこかで会えるといいな。
お互い頑張っている事を思いながら、また次の練習に進もう。

次回、9/11の練習から次の目標へのキックオフです!!
次の目標は・・・アンコン?まだ未定ですが・・・。

Chorsal《コールサル》では新規メンバーを募集しています!
新曲の音取りが次回の練習から始まります。
濃密なアンサンブルをしたい合唱人、ぜひ一緒に歌いましょう!


第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その4)


合宿とかいろいろあって止まってましたが、
広島県合唱コンクールの感想はまだまだ続きます!
本当に大変な部門。。

大学職場一般部門 混声合唱の部

1.合唱団 ある(混声50)
(G2 / 千原英喜 「世の中には途法も無い仁もあるものぢゃ」)


「合唱団ある」は、広島県合唱コンクールを突破して中国合唱コンクールにコマを進めました。
なので簡単な感想だけ書いておきます。

課題曲、雄大さと味わいがあって、歴史を重ねた大合唱団の風格を感じました。
言葉の色が少しずつ変わっていったり、音の向かう方向が見えたりするところが
とても素敵でした。
自由曲は、千原先生の新曲でした。
ダイナミックで、喜劇の要素がふんだんに織り込まれた作品、
掛け声などもあり聴いていて楽しかったです。
あえて言えば、もう少し強音で張りのあるサウンドが作れたら
全体のメリハリが付くかもしれません。
言葉がモヤモヤっとする箇所がいくつかあって、
また、全体を通した時にトーンが似てしまうのが少々気になりました。
それは語感の部分ではなくサウンドとしての洗練度という意味で
さらなるブラッシュアップが必要なのかもしれません。

とはいえ、合唱団の歴史を感じる演奏というのはすごいです。
音の奥行きがあって、たくさんの色が混じり合っている。
味わいの部分では、このコンクール随一の団体だったと思います。


2.合唱団 ぽっきり(混声40)
(G2 / プーランク “Kyrie” / ラウタヴァーラ “Gloria”)


今回の混声部門で涙をのんだのが、合唱団ぽっきりとなってしまいました。
とはいえ、合唱団それぞれの持ち味を十分に出した演奏だから
審査員の先生方も困ったに違いないです。魅力がたくさんある演奏でした。

課題曲。合唱団あるとは違ってぽっきりは若い団体なので
音の持つエネルギーはぽっきりの方が感じられます。
サウンドがストレートに客席に届いてきて心地が良い。
コダーイの持つ味わいという部分は、もう少し欲しいと感じたのですが
こちらも大合唱団らしくしっかりと聴かせきった演奏だったと思います。
洗練された演奏と感じるだけのクオリティがありました。

自由曲、これも課題曲と印象は同じです。
良く整理されていて骨格の良く見える演奏。エネルギー溢れる演奏だと感じます。
サウンドに統一感があるので、聴いていてストレスが無くすっと耳に入ってきます。
こういうところが最大の長所なのだと感じます。
指揮者の縄さんの棒も振り過ぎず、抑制された統一感のある美しいもので、
合唱団はそれに良く応えた演奏だったと思います。

トータルで少し気になったのは「味わい」の部分、
言葉の色や演奏のトーンの変化をもっと感じたいと思いました。
例えば、コダーイやGloriaなどは言葉の中にもっとドラマがあるのだろうと思います。
音の美しさは十分に持っているので言葉の持つ色や熱量が加わっていけば
演奏がさらに深まるのではないかと感じました。

とはいえ・・・これだけのクオリティを作り出す合唱団ぽっきりは、
やはりすごいです。演奏者の情熱は十二分に伝わってくるステージでした。

客席でこの混声部門の2団体を聴きながら、
もうどっちがどうなのか、さっぱり判らない状態に…。
どっちもそれぞれの良さを十二分に発揮している。選べないよね、と。。

(つづく)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その3)


大学職場一般部門 室内合唱の部

2.室内合唱団“零”(混声17)
(G1 / 西村朗 「蝶を夢む」 より 「(第一曲) 一つのメルヘン」
    池辺晋一朗 「五つのマドリガル」 より 「ひどいめにあわせやがる」)


室内合唱団“零”は室内合唱の部で1位金賞を獲得して
中国合唱コンクールに出場が決まっています。
という事で、簡単な感想のみ。少々辛口かもです。

まず気になったのは、課題曲、自由曲ともに
確信をもって演奏を打ち出している感覚が少々薄かった気がします。
ただ、基礎能力の高いメンバーがそろっている合唱団ですので
これは中国合唱コンクールまでには修正されると思います。

それともう1点、言葉の意味と音を一致させる作業が必要と感じました。
どの曲も、演奏は基本的に美しいので、十分に聴かせられるだけのレベルがあります。
ただ、音が美しい分、言葉のパッションがどうしても必要になってくる。
音でなく言葉で聴かせるところを、もっと作ってもいい印象があります。
これも中国合唱コンクールでの演奏に期待です。

モンテヴェルディ、邦人2作品ともに、
音楽の彫刻がさらに深まることを心から期待しています。


3.合唱団うたがき(混声11)
(G1 / 三善晃 「五つの願い」 より 「春だから / 子どもは・・・ / 若さのイメージ 」)


以前「サルがきッツァーコンサート」でご一緒した、個人的にとても応援している団体です。

課題曲、何か所かミスが散見されたのがまず惜しいところです。
すぐに立て直したのは良いのですが、ハーモニーが揃わないところがあって
なかなか難しい演奏になった印象があります。
室内合唱的な雰囲気は十分に感じられる演奏なだけに、もったいなかった。

自由曲、この3曲とも彼らにとって理解の深い作品だと思います。
演奏の構成感も良く、説得力があり
歌のそこかしこに、音楽に対する愛情がにじみ出ている。
だからこそ、全体的にハーモニーが揃わなかったのが本当に残念!
三善作品の持つ、美しい和声の展開を聴かせることが出来なかったのはもったいない。
もっともっと優れた演奏をする団体だ!という事を知っているだけに
コンクールという舞台の怖さや、練習で必要なことをどうやって積み上げていくか?
という難しさを、演奏を聴きながら改めて感じていました。

もっと端正で味わい深い演奏をする団体というのを知っているので
(今年の広島県のアンコンとか、実にクオリティが高かったのです…!!)
聴いている私も少々残念でした。もっと良い演奏ができるはず。。

(つづく)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その2)


という事で、広島県合唱コンクールの感想を書いていこうと思います。
今日は、ひかりカレッジクワイア、次に「寺漢」の2団体です。


大学職場一般部門 大学ユースの部

1.ひかりカレッジクワイア(混声35)
(G3 / 信長貴富 「ポール・エリュアールの3つの詩」より
    「Ⅱ.わたしは孤独ではない / Ⅲ.メッセージ」)


昨年結成されたユース団体ですが、結成1年目で全国コンクールまでコマを進めました。
大学ユースの部は1団体だけなので、中国合唱コンクールにコマを進めましたので
簡単な感想だけを書いておきます。

1年目の県コンクールとは大きく違って、密度と構成力が増した演奏でした。
課題曲はゆとりの演奏、サウンド感や消えゆく音の流れが美しく
実に安心して音楽に身を任せることができた印象です。
自由曲、音楽のテンションが上がっていく部分でも指揮者は振り過ぎず
音楽にゆとりを与えることに成功していました。

これから1ヶ月、さらに精度を上げていかれると思うのでとても楽しみですね。


大学職場一般部門 室内合唱の部

1.Mens' Vocal Ensemble “寺漢”(男声24)
(M4 / コルネリウス “Ach, wie nichtig, ach, wie fluechtig” リン・ミンチェ “Ave Maria”)


昨年の広島県合唱コンクールで、指揮者の寺澤さん自作の作品を演奏して
客席で疲れて寝ている中高生を全員叩き起こして(苦笑)
演奏後、会場を拍手の渦に巻き込んだ衝撃の団体です。
その時の結果はなぜか銅賞だったのですが
「あんなことコンクールでしていいんだ…」という驚きを
中高生に与えた1点だけでも、大きな意義のある演奏だったと思います。

今年3月の広島県アンコンでは見事にグランプリを獲得!
男声合唱とサックスという実に珍しい編成の作品で、圧巻の演奏を聴かせました。

今回の広島県コンクールでは、5位銀賞という事で
中国合唱コンクールに進むことはできませんでしたが、
今回も充実した演奏を聴かせてきました。正直、とても驚いた。

課題曲M4、耳障りは良いが歌うのは実に難しい木下牧子の「鷗」。
もっぱら飲み会の最後ごろに歌われることが多い気がしますが(汗)
それだけにちゃんと歌った演奏を今まで聞いたことがあっただろうか??

寺漢の演奏は、この課題曲が抜群に良かった!!
最後ごろ、1か所だけ和声が決まり切らなかった瞬間があったと思いますが
これだけ全体の完成度が高ければご愛嬌といったところです。
実に素晴らしかった。

早めの小気味よいテンポ感で演奏することで、音楽の後半で「胃もたれ」するのを防ぎ、
また男声合唱特有の密集和音で濁りが生まれるのを実にうまく回避していました。
サウンドは明るく、しかし深みと滋味を持ち、自分たちの歌声に酔いしれることが全くない。
結果として、シャープな男声で力強い意思を持った演奏をすることに成功!!
これほどまでにカッコいい「鷗」は、そうそう聴けるものではありません。

わたしは、もうこの演奏を聴いただけでノックアウトされてしまいました。。。

自由曲、1曲目のコルネリウスになってもそのシャープな男声合唱のサウンドは引き継がれました。
ただ、少し全体のハーモニーというか構成感がフワフワした感じとなり
音楽が不明瞭なところも何か所か見受けられました。
指揮者の棒の助けを借りて歌い切った印象もあるかも。
シャープな歌声と構成感がさらに噛み合った演奏となれば…と惜しまれます。

自由曲2曲目、この作曲家は中華系の作曲家でしょうか。
初めて聞いた名前だったのですが、きっとわたしが不勉強だからだろう…(-_-;;
Ave Mariaの歌詞のAve、Ave、Aveと繰り返す雰囲気は
松下耕先生の女声合唱“Ave regina coelorum”のような華やかさがあります。
アップテンポの中で音楽が進んでいき、鮮やかでした。
こちらももう少し明快になったような気もします。
「鷗」があれほどまでに鮮やかだっただけに・・・。

とはいえ、寺漢という男声合唱団のポテンシャルの高さと
構成感が感じられる演奏でした。
彼らの作り出す、聴き手にとって見通しの良い音楽は
演奏を好きにさせてしまう魅力がありますね。
また演奏を聴くときがとても楽しみです。

(つづく)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その1)


今日は、広島県合唱コンクールに行ってきました。

自分が出演者の立場ではなく純粋に演奏を聴きに行く、というのは
プレイヤーだと余り出来ないので貴重な機会です。
たくさんの魂こもった演奏を聴いて大いに触発されました。
演奏された皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました!

今の広島県合唱コンクールは、
県大会を抜けるのが大変なコンクールの1つだと思われます。
大きいところでは合唱団ある、合唱団ぽっきり、去年新たに登場したHiroshima Kantorei。
他にも、男声合唱団の「寺漢」、などなど。

まるで支部大会のような有力団体ばかりが出てきます。
この団体たちで4つの支部大会の切符を争っています。
全部の団体を一括審査して部門ごとの1位から抜いていく、という形です。

去年初めて聴きに行ってレベルの高い争いに驚き、
(まぁたぶんここが行くんじゃないの?的な想像が全く出来なかった…)
また今年も聴きに行ったのですが、昨年以上の大々混戦ぶりに驚きました。
本当に良い演奏が多かった!!

という事で、演奏を聴いた団体の感想を書いていきたいと思います。
ただし、中国合唱コンクールに出場される団体は無し・・・
と思ったのですが、さすがにもったいないのでf(^_^;
簡単な感想を少しだけ書くことにします。
(中国合唱コンクールは聴きに行けないので…)


県コンクール終演後の悲喜こもごもを見ていると
皆さんが懸命に紡いだ音楽はこのように聴こえてきていたよ!
と書いておきたいと思いました。
一生懸命取り組んだものだけが得られるものがあると感じます。
それは、音楽の中に必ず聴こえていただろう、と思うんです。

(つづく)

久しぶりの近況報告(つづきのつづき)


3日連続の記事なんて、あれやこれや時ぐらいではないかな?

・・・という事でまた少しずつ、blogを書いていくと思います。

合唱界はもうすでにコンクールシーズンに入っていますが
今年は「全国コンクールあれやこれや」をやらない予定です。

その代わり、たくさんの合唱団の演奏を聴いて何か書いていければと思っています。
県大会や支部大会は、本当にたくさんの素敵な演奏が聴けます。
去年の九州コンクールで聴いた「合唱団い~すたん(沖縄県)」の演奏は
いまだに忘れられない。
他にも、自分たちの表現を存分に聴かせてる演奏や
技術的にはまだまだ足りなかったかもしれないけれど、
演奏者の心の動きが手に取るようにわかるナイーヴで素敵な演奏。。

県コンクール、支部コンクールを聴くのはおススメです。
聴きに行けば、自分の好きな演奏、好きな団体が必ず見つかると思います。
全国コンクールへ、支部コンクールへ進むことは出来なかったけど
自分だけがその団体の良さを知っている・・・というのって素敵ですよね。


そういうたくさんの合唱を聴く耳が、合唱界を豊かにするのだろうし
自分たちだけの小さな世界(合唱団)にしてしまわない方がいいと思う。
もったいないですよね、せっかく時間をかけてやっているのだから
自信をもって活動していきたいものです。

社会の中における合唱の位置付けが変わらないかな?
と思っています。

今はまだ微妙かもしれませんね。
「合唱はカッコいい」と思う。
世の中のたくさんの楽しみの1つに合唱がある、
という状況になっていきますように。
そのためにも、実際の活動とblogと、大事にしていきたいと思っています。


今週末8/21は広島県合唱コンクールがあります。
どんな演奏が聴けるかな?楽しみにしています!!

(この項おしまい)

久しぶりの近況報告(つづき)


・・・2日連続の記事とは、これまた久しぶりです(苦笑)。
昨日の話の続きとなります。

メンデルスゾーンに取り組んでいて、これは面白い!と思うのは
ロマン派作品は、様々な楽曲解釈ができることでしょうか。
(もちろん基本的には楽譜通りなのですが)
楽譜通りに演奏すればよい、というものでもないというか
アゴーギグが動く余地が存分にあるのが感じられます。
その辺りに、演奏者のセンスがにじみ出てくる…と考えると
夜もおちおち眠れません。。。+_+

また、1回コンクールで取り組んだからといって、
そこから得られることなんて本当に少ないし、作品が本当に奥深い。
継続して取り組んでこそ、何かが得られるのか?と考えています。
ロマン派作品群の豊かな森を自在に歩くには
まだまだ足りないことだらけですが、夢中になっています。

そういえば、モンテヴェルディに継続して取り組んでいた
15年前ぐらいのことを思い出すと
なーーんにも判らないまま練習・演奏していたなぁと反省しきりです。
でもあの時も夢中で練習していました。
何も知らなかったからこそ、ひょっとして今よりもひたむきだったかもしれない。

今の自分はどうなんだろう。
あの頃のように
怖いもの知らずで突っ走っていた純粋さではないけれど
今の自分に見える風景の中で、自分を賭けて取り組めているのは幸せです。
それは、ともに駆け抜けてくれる、とても頼もしい仲間たちがいてこそです。

(つづく)

久しぶりの近況報告


最近全く書いていませんでした、ご無沙汰しています。

ネタが無い、というわけではないです。ネタはイッパイあると思う。
ただ、文字化するという作業はやはり手間がかかるので、
そこまでの欲求は無かった、という事でしょうか。

まず合唱団の近況から。
主宰している合唱団、Chorsal《コールサル》では現在、合唱コンクール用に
モンテヴェルディとロマン派作品(メンデルスゾーン)に取り組んでいます。

合唱団創立2年目から4,5年連続して、ほぼモンテヴェルディだけに取り組みました。
途中、スポット的に取り組んだ時もあったけど
コンクール曲として取り上げるのは10年以上ぶりでしょうか。

ロマン派作品、これはChorsal・・・というよりわたしが最も苦手としている作品群。
メンデルスゾーンもスポット的に取り組んだことはありましたが
コンクール曲として取り組むのは初めて。
今回は小品2曲を選んでいます。

久しぶりのモンテヴェルディの方は、その当時のメンバーはほとんどいないのですが
ああいったドラマチックな曲をするのに、どこかしら慣れているのかもしれません。
仕上がりはともかく、十分に楽しんで練習が出来ていると思います。

メンデルスゾーンについては、苦難の連続です。
3月に行った6thコンサートでロマン派(ブラームス)に取り組みましたが
その延長線上で取り組んでいるはず。でも底なし沼のように上手くいかない。
それは、ロマン派作品は基礎的な技術が十分に磨き上げられないと
いくら解釈をしようとも音楽として成立しえない、ということだと思います。

シンプルな曲たちのはずなのに、やることが一杯あって時間が足りない。
音がきれいにならない、ハーモニーが合わない、言葉が発音できない・・・etc.
本当に美しい曲だと思います。やっていて幸せなのは間違いない。
ただ、聴いている人が幸せを感じるには、まだまだ努力が必要なようです。

(つづく)

3人の作曲家のそれぞれの想い(その4)


間がずいぶん空いてしまいましたが(汗)、あのコンサートからちょうど1ヶ月経ちました。
かなり前の事だったような気もしますが、ちゃんと書き留めておこう。

----

最終ステージで演奏した、松本望さんへの委嘱曲について。
曲名を
「二つの祈りの音楽 ~混声合唱とピアノ連弾のための~」
といいます。

曲が出来上がってきて、松本さんをお招きしての練習での言葉。
宗左近氏の詩を選ぶには、相当の覚悟が必要だったと。
それは、三善先生の交聲詩「海」という名曲の存在があったからだそうです。

まず1曲目「夜ノ祈リ」について。

宗左近氏のペンネームの由来のざっくばらんさと違って(あの話は本当だろうか?)
書かれている詩は、言葉の巨大な塊りが迫ってくる。
まるで、言葉を越えた肉弾のようなものが、読み手を掴んで揺さぶってくるようだ。

松本さんが選ばれた詩も、読むのに一苦労。
それは、漢字&カタカナの詩だったから。
そして詩の内容が、簡単には絶対に説明のつかない人間の矛盾を一瞬で突いてくる。

詩を読んでも、とっさには言葉が出ない。

しかし言葉は我々を逃さない。その矛盾を捉えて読み手に突き付けてくる。

詩を読むのに、本当に苦労しました。
気持ちが折れそうというか。

だが、今回の1曲目はそういう詩に歌が付いてる。。。
強烈な破壊衝動や破滅衝動を、そのまま音にしたような。
歌う時は演奏者自らが修羅となり、まさに修羅の道を駆け抜けていくようだ。


そして2曲目「永遠の光」

この曲は…。
様々な祈りの言葉のモチーフが現われては消えていき、
しかしそれらが大きな環を描きながら1つの大きな祈りへと昇華していく。

わたしは練習録音でしか聴けなかったのだけど
初めて楽譜を音にして全曲を通した時、
合唱団から自然と拍手が沸き起こった。。
それは歌い手自身が、1回目の演奏で自らの歌に感動したという事。
まだ不完全なところだらけなのに、でもそういう仕上がりの次元を越えて
この曲は余りにも素晴らしい…!

この2曲の組曲は、おそらく日本の合唱史に残るであろう作品です。
また、松本さんの代表曲として語られる日も近いはず。

実際にこの組曲の演奏を聞いた人は1000人を超えていませんが、
いつかその音をたくさんの人が耳にする日が来るように
心から願わずにはいられません。

----

松本望さんの作曲家としての「凄み」を、存分に感じた初演でした。
この難解なテキストを巨大な構造物として組み上げて
その想いを音に昇華させていく思想と作曲が素晴らしいのは、もう当然で
歌い手、そしておそらくは聴き手の心を一発で掴む。
しかも、聴き手の心を揺さぶるのではなく
それぞれの内面から、
温かな何かが溢れてくるのを止めることができなくなるような作品。。。

----

心の中に大きな存在として残る作品に出会えたことに感謝しています。

1ヶ月経っても、3人の作曲家の作品は
わたしの中で絶えることなく、それぞれが光り続けています。

素敵な作品をありがとうございます。


3人の作曲家のそれぞれの想い(その3)


森田さんの曲について、つづきです。

昨日blogを書いていて、とても不思議な感覚でした。
また同じような事を書いてしまいますが。。

森田さんの音楽は
音そのものがこちらに強く主張してくる事はなくて
(明快な3和音とか、曲の中にあっただろうか??)
むしろその音楽からは、美しくてせつない音、そして「はかなさ」を感じます。

でも、その音楽の魅力は強烈なのです。
はかなさがこんなに溢れているのに、音楽から生命力はしっかりと感じる。
一度その音楽を目の当りにしたら目を離せなくなってしまう。

そしてわたしは、音楽の中に強さと誇りを感じます。
それは孤高であることの誇り、というものかな?
他者に依存していないという強さ、というものだろうか。


全部言葉を並べると、とっても不思議。

美しくて、せつなくて、はかなくて、生命力があって、強烈で、誇りがあって、孤高。

こんなにたくさんの、一見相反するような言葉が
絶妙なバランスで成り立っている音楽に、わたしは思える。
そのエッセンスを束ねるものは、Jazzのリズムが作り出すエネルギーなのだろうか?


時間が経つと、感じる事もまた変わってくると思います。
また演奏する機会をぜひ持ちたい作品です。
とても楽しみにしています。

(つづく)