TOP未分類 ≫ メールをいただきました(その2)

メールをいただきました(その2)


2週間ほど前にも、メールをいただいてました。


今度は「札幌の恩人」たち…です。
何というかねぇ…ホントに一緒にいて楽しい人たちです。
一緒にいて気持ちがいい人というのは
「あなたのためなら何でもしますよっ!」
って気分にさせてくれます。

…わたしはそういう気分なんだけど、
ところが逆に、いろいろ助けてもらっているわけで…はは…。


という事で、こちらも宣伝です!!



弥生奏幻舎“R” 第八回演奏会 ―我が月は緑―

日時 :2009年6月21日(日) 開場16時/開演16時30分
会場 :札幌サンプラザホール(北24条西5丁目)
入場料:一般800円、学生500円

http://www2.odn.ne.jp/~cbn49230/

指揮・演出:松岡直記
ピアノ  :前田朋子(合唱アンサンブル/ソロ)


◆其の壱 『昼となく夜となく』~オルバーン・G合唱曲集

◆其の弐 『柔らかい月」』~ヴァラエティ・ステージ
     ・B.ブリテン「死」(曲集“神聖と世俗”より)
     ・木下牧子「窓」「ジプシー」(女声合唱とピアノのための“ファンタジア”より)
     ・P.コスチャイネン「ヤコブの息子たち」  他

◆其の参 「混声合唱とピアノのための《奇想マドリガル集》」【委嘱初演】
    曲:南 聡(北海道教育大学岩見沢校准教授)
    詩:谷川俊太郎(『タラマイカ偽書残闕』より)
      草野心平(『定本 蛙』『第百階級』より)

   1.タラマイカ偽書残闕(抄)
   2.るるる葬送
   3.タラマイカVI・手の指がかぞえるもの
   4.タラマイカV・名・kywngzi
   5.ぴりぴの告白

◆其の四 短歌・俳句を題材とした諸合唱作品とパフォーマンスによるオリジナル構成
    『星の林に月の船』
    作曲/R.マリーシェーファー、P.シックル、湯浅譲二、信長貴富、坪能克裕


----


曲名を見て、何とも「歌舞いている」なぁ…と。
オルバーンあたりは感覚的に判るんです。
でもそこから先はきっと、「これが個性だ!!!」というステージになるに違いない!!

いいなぁ、札幌。行きたいなぁ…。

11月には、わたし1人でも(笑)札幌に行くので
遊んでやってください。m(_ _)m



21日も、松山から「魂」送りますっ!!


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL