TOP未分類 ≫ 続・最近やっている事

続・最近やっている事


前回の記事に少し補足です。


文庫本を5冊買った、と書きましたが
この人は書店を2件ハシゴしました。1件目で3冊、2件目で2冊購入。

その1件目で購入したのが「思考の整理学」(外山滋比古・ちくま文庫)でした。
その中に「物事を考えるのは朝起きた時に限る」という記述を見て
思わず考えるワタシ…。

(本日「思考の整理学」を読み終わりました。早速2回目の読書に入ってます。
 日常に行う思考を鋭い切り口で分析してあるこの本、
 これは本当に良い本だと思います、オススメです。
 本の帯の通り「もっと若い時に読んでいれば…」な気分。。(-_-;;)


----


さて、本を3冊購入して、しかしもう1件の本屋に入るわたし。
よっぽどゴキゲンだったんでしょうねぇ(笑)。


人間というのは不思議なモノで
何か考え事をしていると、それに関連するものが自然と目の中に飛び込んでくる。
いや、いつも普通に見ているもののはずなのですが
頭の中で無意識に選別のフィルターが掛かっていて
気になる文字列に反応しちゃうんでしょうね。
この時、わたしの目の中に飛び込んできた本の題名は…


「朝型人間になれる本 ~健康・美容・仕事に効く~」(美波紀子・幻冬舎文庫)


そのものズバリ過ぎて、思わず笑ってしまう。。。

この500円を少し超えるだけの本を購入して
本当に朝型人間になれれば安いモンだ。
そう判断して、さっそく購入。すぐに読破。


この本の内容をざっと要約すると
編集の仕事をしている著者が、いろいろと失敗やマズイ事をやってしまうのだけど
それは、朝早く起きてさえいれば…という原因だった事で一念発起する、というもの。
ありがたい事に、著者が睡眠に関する書籍を読み漁り
自分の実体験に当てはめた過程が書いてあるので
難しい専門用語はゼロ、ふつーに面白く読めて小ネタはしっかり理解しました(笑)。


著者が失敗を繰り返しながら快適な睡眠と早起きを追求していくのが
この本のもっとも面白いところ、と言えるでしょう。(^O^)


それにしても、早起きを実践すると「ダイエット・美肌・健康増進・仕事力アップ」なんだとか。
…それってちょっと効能?を盛り込みすぎじゃないの?と思いましたが
まぁ何はともあれ、わたしも実践してみよう!!と決めたのでした。


まぁこれは、仮に失敗したとしてもそのまま布団の上にいるのだから
実質的な被害はゼロです。何も変わらない日常が続くだけ、です。
これで本当に早起きが出来るようになって
物事を考える時間を獲得できるなら安いモンです。(^O^)


そこで、本の中に書いてある早起きの秘訣?を
早速わたしも実践する事にしました。
わたしのやった事は以下の通りです。

・早起きをするために早寝をする(午後11時に就寝、夜の余暇にする事は放棄)
・夕食を早めに食べる(午後6時に食べました)
・夜になったらカフェイン入りの飲み物はヤメる(食後の珈琲とか紅茶・緑茶はダメ)
・部屋の照明を少し暗めにする(明るい照明を見ると身体が目覚めてしまう)
・布団に入ってまで読書をしない(頭を活性化させない)


…このぐらいだったでしょうか。
これで早起きで来てダイエットまで付いてきたら儲けモンですよ。。
ははは……。



(つづく)


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL