TOP未分類 ≫ いろいろな合唱のかたち

いろいろな合唱のかたち

しばらく空いちゃいました。。


----


さて最近、ある合唱団に歌い手としてお邪魔しています。
歌い手としてレギュラーで歌うのは何年ぶり?


しかしこの合唱団、とにかく音とリズムが違ーーう。
あんまり大きい声じゃ言えませんが
歌っているほぼすべての音が違ーーーーーう。。。(涙)

8割方がご年配の方々なので
腹筋の支えとかが、さすがに厳しいのでしょうね。
声がなかなか決まらない、定まらない、飛ばない、鳴らない。
リズムも極めて厳しい。うーん。


時々、あまりに音が違うので
聴いてて体がグニュングニュンになっちゃう。(~o~;;


しかししかし。
指導されている先生はとても素敵な方です。
どんな時も決して怒らない(たぶん・笑)。
ユーモアを交えながら、歌い手を乗せていく。
また、音楽的にも的確な指示を出される。
すごいなぁ・・・と思います。


そして何よりこの合唱団は良いなぁ…と思うのが
歌い手がみな、楽しそうに歌っていること。
先生のお人柄を慕って…という部分ももちろんあるだろうけど
歌うことを皆さんが大事になさっている。
素敵です。



…しかし、音は全然はまらない(笑)。



かくいうわたしも、
言葉がシドロモドロになるところがあったりして。(^_^;;



ここは、合唱コンクールとかには全く縁がない合唱団だし
そういうことに挑むのは、この合唱団の魅力とは違うと思う。
「また違ったねぇー、はっはっはー・・・」
という繰り返しのような気がしますが(^-^;;
何だか居心地が良かったりする。不思議ですね。
それは歌い手の皆さんが、
決して周りに押し付けたり、自分勝手な意地を張ったりなさらないから。


なかなかに得がたい経験です。
わたし、ここで歌う事を案外とても楽しんでます。
もうちょっと上手になるともっと良いけど。(^_^;;


…そういうわたしも歌詞を間違えないようにしなきゃ…(汗)。


----


…と同時に、
来週は、日本最高のレベルを誇る合唱団の練習で
チョビッとだけ歌わせていただける事になりそうです。
きっと、わたしの全力を出し尽くしても全く追い付けない。
そりゃもちろん当然なんですけどね。。。
歌えない事で悔しさにまみれる事になるのだと思いますが
そうなっても後悔しないように、必ず自分の全力を尽くそう。
そして、それがとてもとても楽しみだったりします。
なぜなら、その合唱団も
仲間とともに歌う事を心から愛する人の場所、だからです。


うーん、そういう場所にわたしも集いたいっ!!!


----


レベルの違いに関係なく、
その場にいる人を大切に出来ている合唱団は楽しい合唱団だと言えるし
逆に、周りの人を大事にする事で合唱団は楽しくなるのだと思う。
そして、前2つのどちらの合唱団も、
自分たちの力を尽くして音楽を一生懸命やっている。



…そう考えると、
集っている人を大事に出来ない合唱団は
とんでもなくツマラナイですね。



合唱には、いろいろなかたちがあるものです。
いろいろ考えさせられます。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL