TOPスポンサー広告 ≫ Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動TOPConcert ≫ Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動


今年のゴールデンウィーク、
5月6日(土)に福岡市で開催されるジョイントコンサートの紹介です。
Noema Noesis×Chor Doma ジョイントコンサート 渦動

ノエマ・ノエシスという、哲学者フッサールが使った言葉を名前に持つ団体と
コール・ドーマという、ちょっと謎めいた由来(笑)を名前に持つ団体のジョイントコンサート。

ノエマ・ノエシスは、昨年東京で開催された演奏会を聴かせていただきました。
作曲家・指揮者の堅田さん率いる、若く勢いがあって音楽的に優秀な団体です。
第3回のJCAユースクワイアから生まれた団体なだけに
難曲を軽々と歌いこなす力量も素晴らしいですが
何より、音楽に個性と主張が溢れている団体だと感じました。

コール・ドーマは、福岡の才人である寺田さんの下に結成された若い団体。
クリアなサウンドと高いアンサンブル力が魅力です。
ドーマには、アンサンブルは魅力を通り越して団是?としているところも感じられて
彼らの演奏のなかには、挑戦するエネルギーと冒険心がいつも溢れかえっています。

この個性的な2団体のジョイントコンサートでは
指揮者を公募して、この2団体を振っていただこう!という企画もあるとか?
誰が登場するのか、わたしは知らないのですが。
それにしても面白いことを考えますね!

そしてわたしが個人的に注目しているのは
Chor Domaが演奏する「石像の歌」という作品です。
3年前の全日本合唱コンクール課題曲の公募作の作曲家、森田花央里さんの作品。
「石像の歌」は昨年、東京の合唱団「CANTUS ANIMAE」によって委嘱初演されました。

個人的にも超おススメのジョイントコンサート、
お近くの方はぜひ足をお運びください!
(以下、HPより引用)

----

2017年05月06日(土)
開場: 13:30/開演: 14:00
FFGホール(福岡県福岡市)
予約一般 前売券2,000円 当日券2,500円
予約学生 前売券1,500円 当日券2,500円

Noema noesis(指揮:堅田優衣)
Chor Doma(指揮:寺田有吾)

★曲目(抜粋)
Noema Noesisステージ
堅田優衣 「UPOPO」
Per Nørgård Wie ein Kind より 「Wiigen-Lied 」
Toivo Kuula Siell' on kauan jo kukkineet omenapuut

Chor Domaステージ
『Missa pro Pace』より
「Kyrie」「Gloria」 作曲:佐藤賢太郎
「石像の歌」原詩:リルケ 訳詩:森田花央里 作曲:森田花央里

企画ステージ
2017年度全日本合唱コンクール課題曲

合同ステージ
Makaroff Kaikki maat, te riemuitkaatte (全世界よ、歓喜せよ)
Kuula Siell' on kauan jo kukkineet omenapuut (そこにはずっとりんごの木があった)



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。