TOPEssay ≫ 何かを発信するならば(その2)

何かを発信するならば(その2)


前回の続きというか、関連のあるお話。

わたしは、Twitterを実際に使い始めて5,6年経つのだと思います。
使っていて実感するのは「短いセンテンスで物事を伝える筆力が不可欠」という事。
今の若い人たちは本当に上手だし、面白いですね。
キャッチーな言葉や、尖がっている内容だったり、目を引いてしまう言葉使いなど。
そういうモノがあると、呟きはとても面白く読めます。
いやいや、ホントに面白い。。。

もう1つ象徴的なのが、それらも「すべて流れ去っていく」という事。
どんなイイ事を書いたとしても、どんなに面白くても、すべてツイートラインの流れの向こうへ消えていく。
何とも刹那的です。だからなのでしょうか?
必要以上に刺激的な言葉のツイートが目を引き、印象に残ります。

どういうアイテムを使うか?という事が、人間の行動原理や思考回路を変えていくものです。
馬が最速の交通手段だった時代、汽車、飛行機・・・。
ラジオからテレビ、そしてインターネットへ。
それに合わせて人間は、生き方考え方を変えてきました。
という事は、TwitterやFacebook、LINEなども
間違いなく現代人の思考を変化させているはずです。
しかもそれはここ5年ぐらいの話のはずです。
あと5年後に今を振り返ると、強烈な変化が見えるかもしれません。

----

昨日の記事で
「今は、音楽を作るには「容易さ」「早さ」が大切な条件となっている。」
と書きました。
そしてもう1つ、「解りやすさ」という条件も入ってくるはず。
それが良い悪いという話ではなく、今がそういう時代なのだと思います。

この3条件が好きか?嫌いか?となると、また別の話となりますが
今はこの3つの条件の、最低どれか1つは不可欠なのかもしれない。
これに対応できなければ、時代に取り残される(苦笑)。

むしろ、そこから学べることは無いだろうか?
合唱音楽の演奏自体も、時代を経て変化していくはず。
古き良きものを次の世代へ伝えていくこと、
今を生きる人たちのための音楽であること、
どちらも大切なことだと考えています。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL