TOPEssay ≫ 春こん。に参加してきました

春こん。に参加してきました


先ほど帰宅、大変疲労しております。。何でかな?と考えると、よく歩いたからでしょうね。
田舎は車社会なので、東京滞在中は地元に居る時の数倍歩くことになります。
今回はちょっとしんどかったですね。。

2月26日、浜離宮朝日ホールで開催された「春こん。現代音楽部門」に参加してまいりました。
メンバーは様々なアクシデントを乗り越えようと十二分に努力していたし
その点では本当に良くやった!と褒めたい気分です。
今回もやり切った演奏が出来た気がします。

ただ、演奏の出来としては・・・。( ゚Д゚)

いろいろと思うところがありますが、
ただ演奏後にいろいろ書いても言い訳に過ぎないし
聴いてくださった皆さまからいただいた感想と、
審査員の先生方の評価が的確に表しているでしょうから
いろいろな角度から分析して、皆で共有していきたいと思います。

あと感じたのは、春こん。はやはりレベルが高い!!
絶対評価での審査というのも厳しいですし、出てくる団体がどこも洗練されている。
選曲もバラエティ豊かだし、層の分厚さを非常に感じました。
東京恐るべし。
よい勉強となりました。ありがとうございました。

----

今回の前日・当日練習の2日とも、
合唱団あべ犬東の皆さまに見学していただきました。
来年、ジョイントコンサートをしよう!という企画が進行中です。
時期詳細未定ですが、東京開催ということだけは決定しています。
わたしは個人的に存じ上げているメンバーも多いのですが、
今回の春こん。で、合唱団同士としては初遭遇となり、いろいろと楽しみです。

----

とにかく3つのアンコンに出るというのは、結果として得たものがとても大きく
ちょっと無謀ではありましたが(苦笑)、仲間とともに駆け抜けられたし
今後の課題もハッキリしたし、企画としては成功したと思っています。

本番後、メンバー何人かと築地場外市場へ昼食を食べに行き
マグロ丼と生ビール(昼間からスミマセン)で労い合うことが出来ました。
良い時間、楽しい時間でした。

帰りの行程は、26日中に帰るメンバー、27日に帰るメンバーがいるため
その打ち上げの輪からメンバーが少しずつ抜けていきます。

「お疲れさまー。また松山で!」

さっきまで声と思いを重ねて1つのモノを作っていた仲間が帰っていく。
もうあのステージの瞬間は2度と戻ってくることはなく、
確かに今回は万全の演奏では無かったかもしれないけれど、
こうやって東京の地で歌い切ったことは。1つの小さな奇跡だったのかもしれない。

こうやって、合唱での一期一会がまた1つ終わりました。
次にどういう思いが重なっていくだろう。
これからもまた、松山の地で精進していきたいと思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL