TOPMusic ≫ 「コーラス・どーなっつSUN」が終わりました(その1)

「コーラス・どーなっつSUN」が終わりました(その1)


2016年10月8日~10日、中国・四国地方の大学合唱団の交流・勉強を目的とした
第3回目のコーラス・どーなっつ、「コーラス・どーなっつSUN」が行われました。
国立山口徳地少年自然の家でのリハーサルキャンプ、
防府市公会堂での演奏会を行い、135人の若者たちがステージに立ちました。

参加した合唱団は以下の通り。

山口大学混声合唱団(山口県)
広島大学合唱団(広島県)
広島大学東雲混声合唱団パストラール(広島県)
安田女子大学合唱研究会VividNova(広島県)
就実大学・就実短期大学グリークラブ(岡山県)
島根大学混声合唱団(島根県)
香川大学合唱団(香川県)
徳島大学リーダークライス(徳島県)
合唱団ぽっきり(広島県)
合唱団そうなそ(山口県)
Chorsal《コールサル》(愛媛県)

合計11団体。一大イベントとなりました。

わたしは昨年に引き続き、この大イベントに講師の1人として参加してきました。
28歳以下という年齢制限があるイベントですので、おっさんとしてはありがたい限りです。
他2人の指揮者は、
今や日本を代表する大合唱団となった
佐賀県のMODOKI指揮者である山本啓之先生、
広島県で、合唱団ぽっきり、室内合唱団零など多くの合唱団の指導し、
このイベントの最初の発起人でもある縄裕次郎先生です。
また客演ピアニストとして昨年に引き続き、
佐賀県で活動する鈴木めぐみ先生をお呼びしました。

合宿中では、3人の講師による「発声講座・指導者講座・外国語作品講座」が開かれたり
「実践指揮法講座」と題して、3グループに分けた中から希望者が指揮者として立候補し
それぞれにアドバイスを行った後、3日目の演奏会で指揮する指揮者を選ぶ、という
「小さな指揮者コンクール」的な講座もあったりしました。

それは、次世代を担う指揮者を育てるという意味合いと
学生指揮者のレベルアップを通じて、
大学合唱団自体に還元することを目的として行われています。

----

演奏会では、最終ステージで3人の講師がそれぞれ1曲ずつ選曲し
リハーサルキャンプを通じて練習、演奏会での本番を行いました。

Christus factus est(A.Bruckner) 指揮 山本啓之
群青(小田美樹)           指揮 縄裕次郎 ピアノ 鈴木めぐみ
生きる(三善晃)            指揮 大村善博 ピアノ 鈴木めぐみ

3日間のリハーサルキャンプですが、実質2日の合宿、
その中で数々の講座や交流会(飲み会)もあったりするので
1曲あたりの練習時間は2時間半程度となります。
時間のやり繰りが極めて厳しい中を、大学生たちはよく歌ったと思います。
特に、無伴奏の難曲ブルックナーを指揮した山本先生は素晴らしい。。。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL