TOPMusic ≫ 第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その2)

第55回広島県合唱コンクールに行ってきました(その2)


という事で、広島県合唱コンクールの感想を書いていこうと思います。
今日は、ひかりカレッジクワイア、次に「寺漢」の2団体です。


大学職場一般部門 大学ユースの部

1.ひかりカレッジクワイア(混声35)
(G3 / 信長貴富 「ポール・エリュアールの3つの詩」より
    「Ⅱ.わたしは孤独ではない / Ⅲ.メッセージ」)


昨年結成されたユース団体ですが、結成1年目で全国コンクールまでコマを進めました。
大学ユースの部は1団体だけなので、中国合唱コンクールにコマを進めましたので
簡単な感想だけを書いておきます。

1年目の県コンクールとは大きく違って、密度と構成力が増した演奏でした。
課題曲はゆとりの演奏、サウンド感や消えゆく音の流れが美しく
実に安心して音楽に身を任せることができた印象です。
自由曲、音楽のテンションが上がっていく部分でも指揮者は振り過ぎず
音楽にゆとりを与えることに成功していました。

これから1ヶ月、さらに精度を上げていかれると思うのでとても楽しみですね。


大学職場一般部門 室内合唱の部

1.Mens' Vocal Ensemble “寺漢”(男声24)
(M4 / コルネリウス “Ach, wie nichtig, ach, wie fluechtig” リン・ミンチェ “Ave Maria”)


昨年の広島県合唱コンクールで、指揮者の寺澤さん自作の作品を演奏して
客席で疲れて寝ている中高生を全員叩き起こして(苦笑)
演奏後、会場を拍手の渦に巻き込んだ衝撃の団体です。
その時の結果はなぜか銅賞だったのですが
「あんなことコンクールでしていいんだ…」という驚きを
中高生に与えた1点だけでも、大きな意義のある演奏だったと思います。

今年3月の広島県アンコンでは見事にグランプリを獲得!
男声合唱とサックスという実に珍しい編成の作品で、圧巻の演奏を聴かせました。

今回の広島県コンクールでは、5位銀賞という事で
中国合唱コンクールに進むことはできませんでしたが、
今回も充実した演奏を聴かせてきました。正直、とても驚いた。

課題曲M4、耳障りは良いが歌うのは実に難しい木下牧子の「鷗」。
もっぱら飲み会の最後ごろに歌われることが多い気がしますが(汗)
それだけにちゃんと歌った演奏を今まで聞いたことがあっただろうか??

寺漢の演奏は、この課題曲が抜群に良かった!!
最後ごろ、1か所だけ和声が決まり切らなかった瞬間があったと思いますが
これだけ全体の完成度が高ければご愛嬌といったところです。
実に素晴らしかった。

早めの小気味よいテンポ感で演奏することで、音楽の後半で「胃もたれ」するのを防ぎ、
また男声合唱特有の密集和音で濁りが生まれるのを実にうまく回避していました。
サウンドは明るく、しかし深みと滋味を持ち、自分たちの歌声に酔いしれることが全くない。
結果として、シャープな男声で力強い意思を持った演奏をすることに成功!!
これほどまでにカッコいい「鷗」は、そうそう聴けるものではありません。

わたしは、もうこの演奏を聴いただけでノックアウトされてしまいました。。。

自由曲、1曲目のコルネリウスになってもそのシャープな男声合唱のサウンドは引き継がれました。
ただ、少し全体のハーモニーというか構成感がフワフワした感じとなり
音楽が不明瞭なところも何か所か見受けられました。
指揮者の棒の助けを借りて歌い切った印象もあるかも。
シャープな歌声と構成感がさらに噛み合った演奏となれば…と惜しまれます。

自由曲2曲目、この作曲家は中華系の作曲家でしょうか。
初めて聞いた名前だったのですが、きっとわたしが不勉強だからだろう…(-_-;;
Ave Mariaの歌詞のAve、Ave、Aveと繰り返す雰囲気は
松下耕先生の女声合唱“Ave regina coelorum”のような華やかさがあります。
アップテンポの中で音楽が進んでいき、鮮やかでした。
こちらももう少し明快になったような気もします。
「鷗」があれほどまでに鮮やかだっただけに・・・。

とはいえ、寺漢という男声合唱団のポテンシャルの高さと
構成感が感じられる演奏でした。
彼らの作り出す、聴き手にとって見通しの良い音楽は
演奏を好きにさせてしまう魅力がありますね。
また演奏を聴くときがとても楽しみです。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL