TOPEssay ≫ 久しぶりの近況報告(つづき)

久しぶりの近況報告(つづき)


・・・2日連続の記事とは、これまた久しぶりです(苦笑)。
昨日の話の続きとなります。

メンデルスゾーンに取り組んでいて、これは面白い!と思うのは
ロマン派作品は、様々な楽曲解釈ができることでしょうか。
(もちろん基本的には楽譜通りなのですが)
楽譜通りに演奏すればよい、というものでもないというか
アゴーギグが動く余地が存分にあるのが感じられます。
その辺りに、演奏者のセンスがにじみ出てくる…と考えると
夜もおちおち眠れません。。。+_+

また、1回コンクールで取り組んだからといって、
そこから得られることなんて本当に少ないし、作品が本当に奥深い。
継続して取り組んでこそ、何かが得られるのか?と考えています。
ロマン派作品群の豊かな森を自在に歩くには
まだまだ足りないことだらけですが、夢中になっています。

そういえば、モンテヴェルディに継続して取り組んでいた
15年前ぐらいのことを思い出すと
なーーんにも判らないまま練習・演奏していたなぁと反省しきりです。
でもあの時も夢中で練習していました。
何も知らなかったからこそ、ひょっとして今よりもひたむきだったかもしれない。

今の自分はどうなんだろう。
あの頃のように
怖いもの知らずで突っ走っていた純粋さではないけれど
今の自分に見える風景の中で、自分を賭けて取り組めているのは幸せです。
それは、ともに駆け抜けてくれる、とても頼もしい仲間たちがいてこそです。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL