TOPスポンサー広告 ≫ 久しぶりの近況報告TOPEssay ≫ 久しぶりの近況報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

久しぶりの近況報告


最近全く書いていませんでした、ご無沙汰しています。

ネタが無い、というわけではないです。ネタはイッパイあると思う。
ただ、文字化するという作業はやはり手間がかかるので、
そこまでの欲求は無かった、という事でしょうか。

まず合唱団の近況から。
主宰している合唱団、Chorsal《コールサル》では現在、合唱コンクール用に
モンテヴェルディとロマン派作品(メンデルスゾーン)に取り組んでいます。

合唱団創立2年目から4,5年連続して、ほぼモンテヴェルディだけに取り組みました。
途中、スポット的に取り組んだ時もあったけど
コンクール曲として取り上げるのは10年以上ぶりでしょうか。

ロマン派作品、これはChorsal・・・というよりわたしが最も苦手としている作品群。
メンデルスゾーンもスポット的に取り組んだことはありましたが
コンクール曲として取り組むのは初めて。
今回は小品2曲を選んでいます。

久しぶりのモンテヴェルディの方は、その当時のメンバーはほとんどいないのですが
ああいったドラマチックな曲をするのに、どこかしら慣れているのかもしれません。
仕上がりはともかく、十分に楽しんで練習が出来ていると思います。

メンデルスゾーンについては、苦難の連続です。
3月に行った6thコンサートでロマン派(ブラームス)に取り組みましたが
その延長線上で取り組んでいるはず。でも底なし沼のように上手くいかない。
それは、ロマン派作品は基礎的な技術が十分に磨き上げられないと
いくら解釈をしようとも音楽として成立しえない、ということだと思います。

シンプルな曲たちのはずなのに、やることが一杯あって時間が足りない。
音がきれいにならない、ハーモニーが合わない、言葉が発音できない・・・etc.
本当に美しい曲だと思います。やっていて幸せなのは間違いない。
ただ、聴いている人が幸せを感じるには、まだまだ努力が必要なようです。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。