TOPスポンサー広告 ≫ 広島大学東雲混声合唱団パストラール第52回定期演奏会(その2)TOPConcert ≫ 広島大学東雲混声合唱団パストラール第52回定期演奏会(その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

広島大学東雲混声合唱団パストラール第52回定期演奏会(その2)


つづきです。

----

第2ステージ「木下牧子 作品集」

原田さん指揮のステージ。
1曲目「いっしょに」は、木下牧子作曲「光と風をつれて」の第1曲目。
優しく温かな言葉とハーモニーで始まる曲。しかしこれをちゃんとやるのは相当難しい。。
フワリと音楽が始まった印象。雰囲気は素敵です。
ただこの曲でも、もう一回り深い息使いが欲しいところ。
ハーモニーのブレンド具合は良い感じですが、和声の展開はもう一つ聴こえてこなかったかも。
また時々、ブレスが入ってしまって、フレージングが切れたりするのですが
指揮者とメンバーのこの曲への愛情が、音楽を最後まで聴かせきった!という印象。

2曲目「にじ色の魚」は、次に歌われる「いつかどこかで」と同じく
木下先生がアンコール用に作曲された作品だそうです。
とても美しく爽やかな音楽です。
この曲もゆっくりなテンポで開始する曲、フワリと始まるのですが
音楽的な雰囲気が良いだけに、もう一つ印象に残る音作りが欲しい気がしました。
演奏は、ナチュラルな印象。
その中でも和声の展開が非常に美しく、言葉と音楽の一致が素晴らしい。
ところどころ決まり切らないのが惜しい。

3曲目「いつかどこかで」はピアノ付きの作品。
ダイナミックなピアノ前奏から疾走感溢れる演奏に。
曲の雰囲気作りはとても良いと思います。このステージ3曲とも良かった。
そこをどうやって肉付けしていくか?という部分が大事になってきます。
「いつかどこかで」は、男声・女声が交互に出てくる辺り、
またヴォカリーズと旋律線のパートとのバランス、などに詰める余地を感じます。
少し旋律線が埋没してしまったかもしれない。
最後は和声展開が明快ではなかったですが、
クライマックスの意味合いは強く感じました。

3曲全体として、音楽の捉え方は細やかさがあり素敵でした。
場面設定もだいたい出来ている印象。これからは、3曲目のところで書いたように
その場面設定がどのように「設計」してあるか?どうやって「実現」していくか?
という部分が今後の課題になってくると感じました。
これから更に成長していくのだと思います。本当に楽しみです。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。