TOPスポンサー広告 ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2015」(その3・Koris Bumbieri)TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2015」(その3・Koris Bumbieri)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「コンクール出場団体あれやこれや2015」(その3・Koris Bumbieri)


書けるうちに書いておかないと「ヤツ」に追い付かれてしまう。。。
という事で、つづきです。

3.Koris Bumbieri(混声23)
(G4 / 鈴木輝昭  混声合唱とピアノのための「十二夜」 より 「O mistress mine,」)


大学部門が改編により「大学・ユース合唱の部」という名前になって3年目。
各支部の出場団体を見ていると、以前よりもエントリー数が増えている。
今までコンクールに出ていなかったのでは?という大学も出ているし
ユース合唱団(28歳以下)もずいぶん増えている気がします。

過去2年、全国コンクールで見るのはG.U.Choirだけでしたが
今年はG.U.Choirを含めて何と4団体が全国コンクールへ出場!
大学合唱団はうかうかしていられませんね。。

関東支部もエントリー数が多い支部の1つですが
その中を勝ち上がってきたのは、千葉県からやってくる
Koris Bumbieri(コリス・ブンビエリ)という不思議な名前の団体。
HPがあるようなので覗いてみましょう。
リンクはこちら↓
http://koris-bumbieri.jimdo.com/

トップページに簡単な説明が掲載されています。
ありがたや。。。
「 Koris Bumbieri(コリスブンビエリ)は
 2009年11月に活動を開始した混声合唱団です。
 毎週金曜日の夜に、船橋市西部公民館を主な拠点とし、
 上質な音楽演奏と地域の音楽文化発展を目指し、
 活動しています。
 メンバーは八千代松陰高等学校合唱部OBOGを中心に構成されていて、
 Bumbieriという団名は、ラトビア語で「梨」の意味です。」

 (Koris Bumbieriホームページより転載)

意欲に満ちた写真とともに紹介されています。
高校OBOGが主体という事、しかも指揮者の大津先生は
声楽を先行された方との事で、演奏の安定度は十二分だろうと予想されます。

・・・それにしても、
不思議な名前の合唱団、ラトビア語という事ですが
1つ疑問なのが、「梨」という意味。
なぜ「梨」なのか??f(^_^;;
この名前、何か秘密の由来があるのかな?
いつか、風のうわさに聞くことがあるかもしれません。。

さて演奏曲について。
ここで公募作品のG4が登場します。
公募作の演奏は、今年登場した新曲であるため
自分たちの解釈を前面に押し出した演奏が可能、という利点があります。
ある意味キャラクターがハッキリした作品なので、
自分たちのやりたい事をやりやすい、といえるかもしれません。
どのような演奏に仕上げてくるでしょうか。

自由曲は、鈴木輝昭作品。
シェークスピアの「十二夜」をテキストに使った作品、しかも英語!!
題名の「O mistress mine,」は「ぼくの恋人」ということでしょうか。
この題名で検索すると、和訳が出て来ます。
甘い恋のささやき、のようなものなのでしょうか?
和訳のリンクを貼っておきます。コチラです。


初出場の団体を聴く時は
先入観無しに聞くという楽しみがあります。
合唱団の写真通り、意欲的な演奏が聴けるのではないでしょうか。
とても楽しみです!!

(つづく)

スポンサーサイト

Comment

期待してる団体
編集
「梨」の件は大津くんか関係者さんが教えてくれるでしょうw
何かとご縁のある団体なので見学にお邪魔したり、関東大会の演奏も聴いたのですが、全国決まっていやービックリ。「去年県予選で最下位だったのに・・」という驚きの反応が印象的でした。
でも課題曲G4の細やかな再現力は見事でしたし、鈴木作品の表現力も豊か。
(地の利を生かして山下さんにもレッスンに来てもらってたみたいですし)

関東の大学・ユースで惜しくも代表を逃した東京理科大学の演奏も聴き応えありました。あれが全国行かないのは残念です。
2015年11月06日(Fri) 02:15
Re: 期待してる団体
編集
>まじさま
コメントをありがとうございます!
「梨」については、連盟ツイッターでもサラリと記載してあるだけだったので
かえって気になります(笑)。長崎で話を聞くことがあるのかな?楽しみです♪

まじさんとご縁のある団体なのですね。
若者たちは伸びシロが大きいでしょうし、そこは指導者の力でしょう。
課題曲にG4を選んでいるというのも、大きな要素かもですね。

それと、東京理科大が良かったのですか。
残念ですよね、そういう団体が全国に一杯あるんでしょうし
全国コンクールは「味噌汁の味見」みたいなところかもしれません。。
#その割には、濃い部分をすくってない?というツッコミが来そうw


> 「梨」の件は大津くんか関係者さんが教えてくれるでしょうw
> 何かとご縁のある団体なので見学にお邪魔したり、関東大会の演奏も聴いたのですが、全国決まっていやービックリ。「去年県予選で最下位だったのに・・」という驚きの反応が印象的でした。
> でも課題曲G4の細やかな再現力は見事でしたし、鈴木作品の表現力も豊か。
> (地の利を生かして山下さんにもレッスンに来てもらってたみたいですし)
>
> 関東の大学・ユースで惜しくも代表を逃した東京理科大学の演奏も聴き応えありました。あれが全国行かないのは残念です。
2015年11月06日(Fri) 21:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。