TOPスポンサー広告 ≫ 第70回東京都合唱コンクール(大久保混声合唱団)TOPMusic ≫ 第70回東京都合唱コンクール(大久保混声合唱団)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

第70回東京都合唱コンクール(大久保混声合唱団)


今日は東京都合唱コンクールに出演してきました。
個人的に反省だらけで、
力の無さと記憶力の無さに情けない思いをするばかりですが。。。

そんな中で、とても印象に残る良い演奏を聴いたので
九州コンクールの感想の間に1団体だけ書きます。
全団体を聴いたわけではないのですが、
仮に聴いたとしてもこの団体は絶対に書くだろうな。


第70回東京都合唱コンクール 大学職場一般部門・混声合唱の部

2.大久保混声合唱団(混声50)
(G3 / 鈴木輝昭 「大地はまだ…」 より 「冬はあまりに… / 日々新しく」


演奏を聴いた感想として、非常に良かった!!と。
わたしの古巣の団体なので、顔見知りにそう言うと
誰もが怪訝そうな顔で「そう?」と言い返してくる(笑)。
納得いかないところがまだまだある、という事なのでしょう。
謙遜とかでなく、それは演奏者として当然かもしれませんが。


課題曲、これは結構あっさりと始まった印象を持ちました。
最初の1段目にもっと粘りというか、フレーズのうねりが作れたらなぁ。。。
と感じました。ディレクションがもっと欲しかったというか。
ただ音楽を進めるうちに、うねりというか粘りが出て来た印象があります。
個人が出している声が揃い切っている訳ではなく、
むしろそれが伸びやかさを生み、この曲の雰囲気を演出。
逆に揃っている方がヘンだと思うし、
その自由さが良かったのではないでしょうか。

もう1つ書くとすれば、知覧節は恋の歌の民謡だと思うのですが
その辺りの深さはもっと有っても良かったかなぁ。
この民謡、結構せつない歌だと思うのです。


自由曲、これは文句なく素晴らしい演奏でした!!
声を大にして言いたい(書きたい!)

指揮者の田中先生は10年前の全国コンクールで
この曲を静岡大学で指揮をしました。
その時の感想をblogに書いています。もう10年も前の記事ですが
コチラです。

また大久保混声も、この組曲を以前演奏した事があるはず。
いわば十八番という事にもなります。
鈴木輝昭作品にありがちな、テクニックを前面に押し出した演奏ではなく
言葉にキチンとした感情の裏付けのある演奏。

「冬はあまりに・・・」は特筆ものの演奏。
伸びやかなフレージングが自由に重なり合い、
音楽の色合いが刻々と変化していく。
またそのフレージングを紡ぐ各パートのサウンドが非常に美しく
高音の難所もいくつかあるはずですが、特にソプラノの美しさは素晴らしかった。
重なり合う音と音が、深みと抒情性を生み出し
説得力を越えて深い感動を感じさせる演奏でした。

10年前、静大の演奏を聴いた時は号泣してしまったのですが(笑)
さすがに今回は号泣はしなかった。でも本当に良かった。
静大で号泣したのは、ピュアな大学生たちの素直な感情が
流れ出るような柔らかな音楽となって聴こえて来て
技術ではない、むき出しの若者の想いが重なって聴こえてきたから。

今日の演奏は、それとはまた違う、
大人だけが作り得る深さと静けさを伴った音楽でした。。
強いて言えば、歌詞の言葉の中に抒情性がもっと聴こえてきたら
久しぶりの号泣モードだっただろうな。。

「日々新しく」も、1曲目の印象を引き継いだかのような自由さと躍動感。
とにかく音楽が新鮮で、歌い手が音楽に共感をしながら演奏されているのがよく判る。
最後の1音が消えていった後も、音楽の余韻を楽しむことが出来る、
そんな演奏だったと思います。

これだけのポテンシャルを持つ演奏が出来る団体は
日本全国にそうそうあるものではないし
伸びやかで説得力ある音楽を作り出す指揮者、
美しいサウンドを紡ぎつつ自由に音楽をトレースした合唱団、
どちらも素晴らしい音楽を描き切ったと感じます。


これはわたしが常に思う事ですが
良い演奏というのは、良い曲だと感じさせる演奏、だと思うのです。
この合唱団すごいね~という演奏は、
きっと1週間後にはその団体が何を歌ったか
忘れているかもしれない。

わたしはおそらく
「あそこで聴いた『大地はまだ…』はとても演奏だった」
と、ずっと覚えていると思います。
それは指揮者と合唱団が、
素晴らしい音楽の語り部であった、という何よりの証拠。


音楽をする者として
こういう演奏を目指したい、と思ったのです。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。