TOPEssay ≫ 卒業のシーズン

卒業のシーズン


今日、わたしの母校、愛媛大学は卒業式だったようです。
自分が卒業したのは、もう四半世紀も昔の事になってしまいました…(苦笑)

愛媛大学合唱団の4年生(4回生)は3人が卒業。
この年はこの3人で全員でした。たった3人で合唱団をまとめるのは至難の業。
すべてにおいて、とても苦労をした回生です。
しかし、彼らは本当に良くやり切ったと思う。
彼らが頑張ったからこそ、その下の回生は今、楽しく歌えています。
役職で足りない分は、上下の回生が補い合いながら乗り切ったのだけど
やっぱりその年の中心回生3人がいなければ、成り立たなかっただろうな。

どこにいっても、自分の気持ちに正直に進んで欲しいし
可能な限り歌い続けて欲しいと願います。
大学合唱団の運営で経験した事は
(例えば、意義とか考え方とか、総会でいっぱい聞いたイヤな言葉・笑)
考え方や実行性は、逆に社会において十分に通用する強みとなります。
その事にこれから気が付いていくのでしょうね。

これから新社会人として、自分の目の前に起こる新しい事に必死で
感慨にふけっている暇はないかもしれませんが
そんな暇なく対処し続けること、それこそが社会人なのかもしれません。
周りに流されないように、自分の力で歩んで欲しいと願います。


とにかく、今日はとても嬉しい日です。
改めて、おめでとうございます!
よい人生を歩んでください。
3人とも、頑張れ!!

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL