TOPEssay ≫ 全国コンクールの講評、そこから展開して

全国コンクールの講評、そこから展開して


しばらく前に届いたハーモニー冬号(No.171)。
全国コンクールの講評が乗っているという事で、楽しく読ませていただきました。
Chorsal《コールサル》の演奏の部分を読むと
まぁ読むも無残な、散々な書かれ様で(苦笑)
しかしそれがとてもうれしかった、というのが正直なところです。

前回6年前の初出場した時には
「ここに来る前にやる事があるはずだ」という、
つまりは門前払い的な書かれ方で(笑)
合唱団に対する技術的な指摘の部分よりも
その「お門違いだよ的」な書かれ様にガッカリした記憶があるからです。

今回の講評でお話しいただいた内容についてはまさにその通りで
全く的を得た話だと私は感じています。
ぜひとも今後に生かしていきたいと思います。
ありがとうございました!

----

同時に、ここに書かれた話が演奏のすべてではない、というのは
あの日あの会場で演奏を聴いていた人なら判る事だと思います。
「コンクールという舞台の審査員の先生の講評」は、
各団体それぞれが生かすべき技術的・音楽的提言であって
全くその団体の価値を表すものではない、ですね。

今の全国コンクールは、10年ぐらい前とも大きく変わって
「相対評価を競う部分」が大きく後退している印象があり、
多種多様な価値観や考え方を同時に許容する、
いわば「日本の合唱見本市」的な状態になってきています。

そうなってくるとですよ・・・。

コンクールでありながら、コンクール的で無くなっていく事が起きつつある。
ひょっとして、参加者のニーズと実際に行われている事が
乖離し始めているかもしれない。
20年前ぐらいの状況に身を置いていたものとして、
あの頃より今の方が絶対楽しい!という事は言い切れるのですが
今の状況が20年後に、どのような果実をもたらすのか?までは
想像が及ばないのです。。。


少子化・人口減少が現実のものとなり、
合唱人口も今後、かなりの勢いで減少していく事が考えられます。
今はまだ顕著ではありませんが、その現象が顕著になった時ではもう遅いのだし、
そうなれば、コンクールで勝った負けたと言ってる場合でもないだろう、と。
かといって、技術的研鑽の場が無くなればいい、というものでもない。。


誰しも、自分に出来ることは目の前の事のみですが
その向こうに起こるであろうことを、今から想像しておく必要がありそうです。
10年後、20年後、30年後にどんな形で
日本の合唱音楽が伝わっていたらいい、と思いますか?

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL