TOPConcert ≫ Chorus Donut(コーラス・どーなっつ) ~酒都西条歌祭り~

Chorus Donut(コーラス・どーなっつ) ~酒都西条歌祭り~


10月の3連休、合唱イベントも盛りだくさんでした。
軽井沢国際合唱フェスティバルは、その筆頭とも言えます。
しかし台風で中止になったところも多いのが残念。
個人的には、地元で開催されていた歌曲と伴奏の
超濃密な講座にとても惹かれたのだけど
そんな中で今回選択したのは「コーラス・どーなっつ~酒都西条歌祭り~」でした。

中四国の大学合唱団が広島県江田島の合宿所に集まり2泊3日の合宿を決行、
最終日にはホールへ移動してコンサートを開催。
最近、日本各地で開催されるようになった
ユースクワイアー的な企画とも言えますが
少し違うのは、基本的に「大学合唱団」が集まっている、という事。

台風の影響で、いろいろな交通機関が運休となり、
広島県もJRが運休という事で、この演奏会はどうなるのかな~?と思っていました。
開演時間(午後3時)は最接近の頃という事で、きっとこれはお客様はいないな~?
・・・じゃあ行って来ようっと♪
という実に軽いノリで、冠水した道路を突破し、
速度制限の高速道路を通って行ってきました、広島県西条市。

コンサートへ行ってみると予想通り、
暴風雨一歩手前の状態でお客様はとても少なかったですが、
こんな中でコンサートへ来る人はわたしだけでは無かった、という事で
アンタも好きねぇ~というか、
コンサートする方も聴く方もよっぽど・・・Bak(略・笑)という感じでした。

形式は、各大学・ユース合唱団の演奏が6団体と
最後に、合唱団ぽっきり指揮者の縄裕次郎先生と、
MODOKI指揮者の山本啓之先生指揮の合同演奏5曲、という形式。


わたしが合唱を始めたのは28年前?の愛媛大学合唱団でした。
その頃の大学合唱団はいずれも大型団体ばかりで、80、90人構成が普通な感じ。
田舎の合唱団員だったわたしにとって、
凄い演奏をするあこがれの団体も今回登場していましたが、
いずれもが中型・小型の合唱団構成となっていて
時代の流れを非常に感じました。
大学合唱団は難しい時期になっているのかな?と感じ入ったり。
(後で聞くと、今はどこも盛り返しつつあるとの事。うれしい!!)

2泊3日の合宿は合同練習中心の構成で、
飲み会も過酷?(笑)だったようですが、その影響?もあって
各団体の単独演奏時は、お互いの団体同士が肩を組み合っているかのような
和やかな雰囲気に最後まで包まれていました。
各団体の単独演奏、当日15分程度しか合わせる時間なかったそうですが
各団体がどんな練習をしてどんな活動をしているか?という日常が
歌声の向こうに見えてくるような、とても微笑ましいステージばかり。

自分も大学生だった時、こんな感じで歌ってたんだな・・・。
・・・まるで昔のアルバムをついつい見続けてしまった時間のような、
懐かしくも愛おしい時間でした。
・・・同時に、どの団体ももっと出来るよな!?
特に学生指揮者くん、がんばれ!!と心よりエールを送りたくなりました。


合同演奏で登場した指揮者2人の演奏は、8、90人ぐらいの規模になった事もあり
音楽的意図とエネルギーを十分に感じる演奏となりました。
熟練の指揮者2人の手綱さばきも見事で、思わずホロリ・・・としてしまい。。。
演奏としては結構ボロボロだったのですが(笑)、
でも演奏会で聴く音楽には、コンクール的な強い精度は求めていないというか、
ステージに立った演奏者が何を思考し歌っているか?というところに
心が共振するのだ、という事を改めて感じ入る事が出来ました。
中四国の大学合唱団の若者たちの、熱い歌声と想いを聴く事ができました。

いやぁ、このコンサート、ホントに行って良かった。
間違いなく、何かを得るところがあったコンサートでした。


今回のイベント、何が難しいかというと
「大学合唱団」をターゲットにしているというところ。
大学合唱団は、自主運営で活動しているのが
高校までの合唱部とは大きく違うところですが
逆に彼らは、決めてしまった事を変更するのが超苦手。
また新しい企画に手を出すのも超苦手。

そんな難しい状況の中で先頭に立って突っ走った縄さんに
大きな拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。


今回のコーラス・どーなっつ、今後も続けていきたい!!
と、「学生たち」が(これ大事!)言っていたようです。
来年は四国開催?どうなんでしょう?


最後に、参加した大学合唱団・ユース合唱団名を書いておきます。
素敵な企画に参加された大学合唱団に拍手!

合唱団ぽっきり西条組
広島大学合唱団
安田女子大学合唱研究会Vivid Nova
香川大学合唱団
東広島ユースクワイアInfinity“∞”
広島大学東雲混声合唱団パストラール
コール・ビビッド
山口大学混声合唱団
島根大学混声合唱団

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月17日(Fri) 19:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL