TOPEssay ≫ 春は出会いの季節、別れの季節

春は出会いの季節、別れの季節


春は出会いの季節、別れの季節。

毎年の事ですが、いろいろあるなぁと思います。
地方で合唱活動をしていると、都会と比較して分母(人口)の絶対数が少ないですから
新たな出会いも少ない・・・と、比較して思ってしまいます(苦笑)。
有名団体でも有力団体でもないですし、
地道に活動していくしかないのでしょう。

でも最近は、有力でも有名でも無力でも無名でも、
余り関係が無いということに気が付き始めました。
・・・気が付くのが遅いね(涙)。
詳しくは書きませんが、ホント、関係ないですね。

違いがあるとすれば・・・いや、書くのはやめておこう(笑)。

----

人の価値に違いはなく、それは平等に重いモノだと思いつつ
それぞれの人から受け取るモノの差、違いに驚くことがあります。
ちなみに現在、わたしは激しく驚き中なのですが
その人のさり気無くしていた事に、どれだけ自分が共感(共振)していたか、
という部分が出てくるのだろうと思います。

当たり前であった事が当たり前でなくなった時に
そのモノの本質が見えてくる、というのはよく言われる事です。
十分判っていたつもりなのだけど
実際に目の当たりにすると、やはり・・・。

自分はまだまだだな。
考えさせられることが多い、今年の春です。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL