TOPスポンサー広告 ≫ MODOKIの演奏会に行ってきました(その2)TOPConcert ≫ MODOKIの演奏会に行ってきました(その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

MODOKIの演奏会に行ってきました(その2)


3月9日(日)午後1時の少し前ごろ。
まもなく「MODOKIコンサート2014」の開場の時間です。
中ホール前は長蛇の列、ちょっとビックリしましたが
まぁそりゃそうかと思い、列の一番最後の方へ。
かなり長い行列でした。

しかしこの調子だとかなり長い事待つことになりそうなので
わたしはベンチに座って、付いていたテレビを見て待つことにしました。
まぁ席は空いているところへ座ろう、と決めていました。
以前のように最前列に座る事はやめて、後ろの方でこっそりと?聴こうかと。

付いていた番組はおそらくNHK総合、震災関連の番組でした。
冒頭、俳優の西田敏行さんがこのような事をおっしゃっていました。
(一言一句、正確ではありませんが・・・すみません)

「(冒頭のあいさつで)皆さま、お変わりございませんか?

 そしてわたしは、東北の被災地の皆様に向けて、あえて

 『お変わりはございましたか?』

 と問いかけさせていただきます。

 あの日からつらく苦しい思いをされている皆様の生活が

 少しでも良いものと成りますように

 心から願っています・・・」



西田敏行さんは福島県出身の方でしたよね。
穏やかな語り口ではあるのですが
強烈な想いが込められた言葉の1つ1つが
まるで自分1人に語りかけられてるように感じられて
気が付けば、思わず画面を食い入るように見つめていました。

そう、まだ3年しか経っていないのですね。

・・・そんな事をしていたら、元・弥生奏幻舎“R”メンバーであり、
元MODOKIメンバーでもあるKさんが挨拶にいらっしゃいました。
お会いするのは何年ぶりだろう?(嬉)
今は茨城にいらっしゃるとの事、出張も多くて歌われてはいないようです。

ふと向こうを見れば、元MODOKIメンバーのSKT三男さんが
入場前のお客様の場内整理をしています。
たしか彼は仕事で日本中を飛び回っているはず。
しかし今日の日のために仕事も調整いたのでしょう。
今日の演奏会のために、MODOKIという合唱団の多くの仲間が
我が事のように遠くまで駆け付けてきて、仲間のために働いている。

テレビの中で語られている温かな、そして強い想いと
元MODOKIメンバーたちの想いと
MODOKIの演奏を楽しみに来場された、お客様の想い。

たくさんの「誰かのため」の想いに
何とも言えない気持ちになりながら、
わたしも短くなった入場の列に並びました。

すると、これまた会うのは何年振りだろう?元MODOKIメンバーのH夫妻の姿が。
まるで同窓会のように集う仲間たち。
あちらこちらで交わされる、温かな挨拶・・・。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。