TOPEssay ≫ まもなく3年が経つのですね

まもなく3年が経つのですね


テレビ欄に、東日本大震災関連の番組を見るようになってきました。
今年も3月11日がやってきます。

早くも3年が経つ、と感じるのか、
まだ3年しか経っていない、と感じるのか。

直接の被害を経験してない西日本の住人である自分としては
後者である事に気が付き、恥ずかしさを感じます。
わたしには、震災関連の直接の経験は無いけれど
翌日の午前中から東京入りして、いろいろなものを経験しました。

まだまだ続く強い余震、大混雑の鉄道、
棚から食料品がすべて無くなった商店、
閉店したままのマクドナルド・・・。
異様な光景を目の当たりにした経験はシッカリと刻まれています。

あの時は、MODOKIとのジョイントコンサートで上京したのでした。
まもなく3年が経とうとしている明後日、
こうやってMODOKIの演奏を聴くというのも、何かの縁のような気も。

その3年間の間に、たくさんの様々な悲しいニュースに接してきました。
それ以前の3年間よりも、多くのやるせない気持ちを経験したような気がする。
そんな時代を、誰もが懸命に生きてきたのだと思います。
だからこそ、今もこうやって合唱活動が出来ている事に
感謝しなければなりませんね。


当たり前の日常は、本当は当たり前なんかじゃない。
この今という一瞬の中に喜びや悲しみがあって
その一瞬を感じていることに、感謝。
そして今を生きている者として
これからの人たちに何を残していけるだろうか、と思うのです。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL