TOPConcert ≫ MODOKI Concert 2014 ~温故知新~

MODOKI Concert 2014 ~温故知新~


MODOKI Concert 2014 ~温故知新~

日時: 2014/3/9 13:00 開場 13:30 開演
場所: 佐賀市文化会館 中ホール



ルネッサンス・バロックの響き
Thomas Tallis / The Lamentations of JeremiahⅠ
Antonio Lotti / Crucifixus

ロマン派の響き
Felix Mendelssohn /
 Drei Motetten Op69 1.Herr,nunn Lässest du deinen Diener in Frieden fahren
Josef Gabriel Rheinberger /
 Abendlied,op.69,No.3
Johannes Brahms /
 Warum ist das Licht gegeben dem Mühseligen Motet,Op74 No.1

近現代の響き
Max Reger /
 8 Geistliche Gesänge Op138 No.3 Nachtlied
Frank Martin / 
 MESSE  CREDO
Francis Poulenc /
 Quatre motets pour le temps de noël O magnum mysterium
Eric Whitacre /
 Lux Aurumque

今伝えたい言葉、歌 ~邦人作曲家の名曲を集めて~
林光     ねがい
三善 晃   かどで
木下牧子    歌   
松下耕    はらへたまっていくかなしみ
佐藤 賢太郎 前へ
三善 晃   生きる


北川昇氏  委嘱作品 初演
無伴奏混声合唱組曲「心よ」
八木重吉 作詞
北川昇  作曲

1「黎明」
2「白き響」
3「哀しみの 火矢」
4「つかれたる 心」
5「彫られた空‐しづけさ‐劔を持つ者」
6「心よ」

----

「あの」MODOKIがコンサートということで、宣伝しないわけにはいきません。
コンサート直前だけど(涙)。

10年ぶりのコンサートという事で思いが高まっているというか
思いがたぎり過ぎているというか(笑)
これだけのステーキしか出さないコンサートはなかなか聴けるものではありません。
どの曲についても、きっと「極上のステーキ」をいただけると思いますので、
この辺りは最初の注目点です。

そして何と言っても、今回のコンサートの最終ステージでは
「新作極上ステーキ」も準備されているようで
こちらも大注目と言えるでしょう。
北川昇先生の作品、わたしは大好きです。
平易な書法で書かれているようで、全然そんなことはない(汗)。
演奏者の音楽性が問われる作品ばかりだと思っています。
新作はどんな曲なのかな~。興味津々です。

昨年は合唱コンクールエントリーをせず、
このコンサートのためにひたすら準備してきたMODOKIが
その全情熱を傾けて放つ演奏会、
どのような歌を聴かせるのか非常に楽しみです。

わたしもコンサートを聴きに行く予定なのです。
毎回、コンクール時には直前練習に顔を出して
さまざまな勉強させていただいているのですが
今回は練習に顔を出したりはせず、集中して演奏を聴こうと思います。
熱い情熱と圧倒的な精神力で突破?する演奏が得意なMODOKIが
これだけ様々な名曲のそれぞれの表情を、如何に深く演奏してくるのか。
音楽の有り様まで表現する演奏をぜひ聴きたいと願っています。


良い演奏を楽しみにしています!

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL