TOPCurling ≫ カーリング女子・ソチ五輪最終予選

カーリング女子・ソチ五輪最終予選


昨晩、焼肉…練習から帰ってきたあと
体調がグチャグチャにもかかわらず、
カーリング女子ソチ五輪最終予選の2位決定戦、
北海道銀行フォルティウス(日本代表)vsノルウェー代表
の試合を全部観てしまいました。終わったら午前3時過ぎ。
おうふ、翌日の仕事が・・・orz


何とも我慢が延々と続く辛抱の試合でした。
結果だけ見ると爆勝っぽいですが、
全然そんなことはない。粘りに粘って相手の隙を突いた形。

とにかく感動しました。
やっぱりカーリングは面白い!!!


4年前、バンクーバー五輪後に
日本の誇るワークスチーム?、チーム青森がメンバーチェンジ。
それまではチーム青森の独り勝ちに近い状態でしたが
その時から群雄割拠の時代がやってきました。

その頃見た報道にこういうものがありました。

これだけ力あるメンバーがたくさんのチームに分散する事は
全体の底上げに繋がりはするけれど
果たしてソチ五輪へ日本代表を送り込むことが出来るのか?
もし5大会連続で送り込めなければ
これだけ盛り上がりを見せた女子カーリングは
一気に冷え込む可能性がある・・・というもの。

確かにその通りで、初代チーム青森のメンバーは2グループに分裂(結果的に)、
目黒萌絵選手は引退(結婚)で競技を離れ、
札幌国際大学(元・常呂高校)のチームが成長し
そして全日本連覇を成し遂げている中部電力が君臨しつつも
今一つ国際大会では良い成績を残せない・・・という状況。

今回も、9月に行われた日本代表決定戦に出場する4チームに
あの「チーム青森」が入る事が出来ず、事実上の解散状態になっています。
実際には活動休止という事ですが、
メンバーを集め直すところからスタートしている模様。

メディアへの露出は大幅に増えていますが
プロ化している訳ではないので、厳しい環境で活動している団体ばかりでしょう。
(フォルティウスや中部電力は恵まれたチームと言えます)


そういう背景を頭に入れて、2位決定戦をみていたものだから
結果的に勝ったから良いようなものの、
第4エンドまでは頭の中がもう鬱々としていて(笑)
第8エンドでの6点!!という、超大量得点時には興奮して
持っていたものをポイポイと投げていました(爆)。


いやーーーとにかく良かった!!!
知力を尽くした試合が、来春見る事が出来ます。
是非皆さん、日本代表を応援しましょう!!(^O^)


スポンサーサイト

Comment

編集
ぜんぱくさん、おひさしぶりです。
ご同様に午前3時まで起きて見てました。
ソチでも私たちをテレビに釘付けにして欲しいですね。
チーム青森が今どうなっているのかについては、土着民の私たちもよく知らないんです。少しずつ足固めしているはずと信じてはいますが・・・・・
数少ない我ら青森県のブランドなので不死鳥チーム青森として甦って欲しいと思っています。
2013年12月21日(Sat) 21:25
Re: タイトルなし
編集
>しらさき@青森 先生
ご無沙汰しております!!おげんきでらっしゃいますか!?
青森はかなり雪深いのではないかな?と想像しております。

カーリング最終予選、本当に良かったです!
後手を取ってしまいしびれるような試合展開が続く中でも
少しも迷いなくショットを投じる選手たちの精神力はすごいなぁ。。。と
感嘆しておりました。オリンピックが本当に楽しみですね!

ところで「チーム青森」、現在はほぼ解散状態のようですね。
最初に2人が抜け、2人も今後について考える…のような事らしく
秋ごろに再結成の予定が来年へ先送りのようですね。

早く復活して欲しいのと同時に、
まずチームの器を先に作っているところに、
チームの在り方を難しくしてしまっているところがあるのかもしれません。
フォルティウス、ロコ・ソラーレのOBたちはいずれも
「チームワークを大切に」と言っている辺り、
外からはうかがい知れない難しい点があるのかもしれない、とも思います。

たぶんこういうのは合唱団と同じで(笑)
やるヤツはやる!出てくるヤツは出てくる!!
という事になるのでしょうね。
わたしもよみがえった時が来るのを、とてもとても楽しみにしています♪


> ぜんぱくさん、おひさしぶりです。
> ご同様に午前3時まで起きて見てました。
> ソチでも私たちをテレビに釘付けにして欲しいですね。
> チーム青森が今どうなっているのかについては、土着民の私たちもよく知らないんです。少しずつ足固めしているはずと信じてはいますが・・・・・
> 数少ない我ら青森県のブランドなので不死鳥チーム青森として甦って欲しいと思っています。
2013年12月24日(Tue) 15:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL