TOPスポンサー広告 ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その19・うとう女声合唱団)TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その19・うとう女声合唱団)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その19・うとう女声合唱団)


今日3団体目。まだまだ元気(笑)。


7.うとう女声合唱団(女声27)
(F4 / Brahms “O bone Jesu / Adoramus / Regina coeli”)


うとう女声合唱団は、本州最北端の地、青森の女声合唱団です。
青森での全国コンクール、楽しかったなぁ!!
2年前ですが、今でも思い出すとウキウキします。
素晴らしい演奏、たくさんの出会い、例の2次会、そして雪中行軍(笑)。
きっと、うとう女声合唱団の皆様にもお世話になったはず。

その節は、本当にありがとうございました!!m(_ _)m

うとう女声合唱団は、初の全国コンクール出場です。
おめでとうございます!!(^o^)
そしてその名を見て、誰もが思うであろう疑問。

「うとう」って、何だろ・・・?

ということで調べてみました。
すぐに出てきた、世の中便利・・・。

「うとう」とは漢字で「善知鳥」と書くそうです。
青森市はその昔、「善知鳥村(うとうむら)」と呼ばれていたとの事。
詳しい解説のあるwebサイトがありましたので、リンクを貼っておきます。
コチラです↓

善知鳥神社

つまりこれは、東京の男声合唱団が
「東京コラリアーズ」(※注1)と名乗らずに
「お江戸コラリアーず」と名乗っているのと同じですね。
青森市の合唱団としては、とても由緒正しい名前です。
そしてたぶん、「歌う(=うとう)」という意味も掛けているのだと思います。
これは実際に聞いてみないと判りませんが。。。


さて、うとう女声合唱団の演奏曲は、おぉ!!Brahms!!
3つの宗教合唱曲op.37です。
ブラームス自身は、女声合唱団を指揮していたこともありましたから
その時に作曲された作品かもしれません。
重厚で味わい深いブラームスの作品は、女声合唱の華やかな音域の中においても、
格別の味わいと音楽の深さを感じさせられます。

ブラームスの世界がステージから流れ出ますように!
初出場の全国コンクールのステージを、
ぜひ充実させたものとしてください!


※注1:「東京コラリアーズ」という男声合唱団は、
    福永先生・畑中先生が創立されたプロ合唱団として
    1952年から1969年まで活動していました


(つづく)


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。