TOPスポンサー広告 ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その17・合唱団 Le Grazie)TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その17・合唱団 Le Grazie)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「コンクール出場団体あれやこれや2013」(その17・合唱団 Le Grazie)


今日1団体目。実は昨日書きかけて挫折(涙)。
果たして本当に終わるのだろうか。。。
今回のグラツィエを入れると残り7団体。えらいこっちゃ。。


5.合唱団 Le Grazie(女声29)
(F1 / 三善晃 「五つの唄」 より 「にくしみ / 紺屋のおろく」)


熊本市は、人口70万人を超える大都市ですが
この大都会の飲み水は、なんとすべて地下水なのだそうです。
阿蘇山には豊富な水源があって、熊本市はその恩恵にあずかっています。

そして熊本から出てくるのは美味しい水だけではありません。
優秀な合唱人も湧き出して・・・は来ませんが(汗)
多くの合唱人を輩出している県が、熊本県です。

このblogでも何回か取り上げた「熊教中」も熊本の中学校合唱部ですし
高校の有名どころでは熊本第一高校合唱団。
職場部門では、三善作品に魂を込めた演奏を聴かせる熊本県庁合唱団がある。

全国コンクールに出場してくる団体だけではありません。
熊本県の合唱祭は、なんと60団体超が出演します。
まさに朝から晩まで合唱漬け!!
もちろん東京都の合唱祭と比較すれば少ないですが、分母が違います。
皆さんのお住まいの道府県と比較していかがでしょうか?


さて、そんな熊本県を代表する女声合唱団と言い切っていいはず、
それが「合唱団 Le Grazie」です。
熊本第一高校合唱団を母体として結成されたクラツィエは、
今年で結成25年目!!おめでとうございます!(^o^)
全国コンクールの1週間後に(!?)、25周年記念コンサートをなさるそうです。
凄いスケジュールですが・・・素敵な心温まる演奏会となりますように。

リンクも貼っておきますね。
http://le-grazie.jimdo.com/


今回のコンクールでグラツィエが演奏する曲は
課題曲がF1のモラーレス、自由曲が三善作品となります。

三善作品ですか。。

現在わたしも三善作品と格闘しています。
パッと聴いて何だかよく判らんね。。と思っても
その楽譜の書かれた意味を見出していくたびに、
音楽の奥行きの余りの深さに圧倒されてしまう。
どれだけ歌ってもきっと歌い尽くすことはない・・・とまで思えます。

そして、その曲の新たな魅力にどんどん気が付いていく。

きっと今回演奏される「五つの唄」も、
そういう感じで取り組まれているのではないでしょうか。
心を揺さぶるような奥深い演奏となりますように、期待しています!!


あともう1つ、これは書いておきたい。

グラツィエの指揮をされる岩津先生は
熊本第一高校で長く教鞭をとられた先生です。
そして多くの教え子が、合唱人として活躍されていると聞いています。
岩津先生はまさに、こんこんと湧き出る阿蘇の水源のような方。
先生のお人柄と音楽が多くの人が魅了し、合唱人を育てられています。

本当に素晴らしいですね。


(つづく)


スポンサーサイト

Comment

ありがとうございました!
編集
ぜんぱくさん、毎年、本当に大変な作業をありがとうございます!
いつも楽しみにして、予習して、全国大会に臨んでいます♪
今年はGrazieも書いていただけてとても嬉しいです。
三善先生を気持ちよくお見送りできるように
精一杯、心を寄せて歌いたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!
2013年11月22日(Fri) 23:16
編集
ぜんぱくさん Graziaもとりあげてくださってありがとうごさいます。

何度歌っても新鮮な発見があり、それを表現することが難しい三善先生の作品ですが、今の私たちにできる精一杯の演奏をお届けできるようがんばりたいと思ってます。
千葉でお会いできるのを楽しみにしています。

2013年11月22日(Fri) 23:56
湧き出る先生!?
編集
ぜんぱくさん。

はじめましてm(_ _)m
我が団のことを取り上げていただき、
ありごとうございます。

なんだか妙に『全国大会出場!』
が感じられて、嬉しかったです。

にしても、
先生が、“湧き出る阿蘇の水”とは、
素晴らしい表現ですね。

まさしくその通りかと。

今日会った、在京の友人は、
まさにその水で育った一人で、
『先生ってすごいよね、卒業してもみんなが会いたいって思うんだもん』
と話していました。

そんな先生に25年も手取り足取り
指導していただいている私たちは、
幸せ者ですね。

この『幸せ』を、会場の皆様にもお届けできるといいなぁ。

そうなるよう、
心を込めて歌いたいと思います。

ありがとうごさいました。
2013年11月23日(Sat) 00:52
Re: ありがとうございました!
編集
>らむ姉さん

コンクールお疲れ様でした♪
今回、本当に久しぶりにグラツィエの記事を書けてうれしかったです。
今回書いた岩津先生の事は、
コーラスガーデンぐらいからずーーっと思っていた事。
ようやく文字にする事が出来ました、良かったよかった。(^O^)

・・・そういえば、全然話出来ませんでしたねぇ汗
まぁまたの機会、という事で。。。

2013年11月27日(Wed) 19:35
Re: タイトルなし
編集
>さこぐち団長

コメントをありがとうございました。
何度かお見かけしたのですが、結局ご挨拶できませんでした・・・すみません>_<

三善作品は、本当に難しいですよね。
モチーフの意味を考えるだけでワクワクするのですが
いざ表現は?となると、ムムム・・・。
三善先生の作品は、これからも歌い継いで行きたい作曲家の筆頭格ですね。
2013年11月27日(Wed) 19:42
Re: 湧き出る先生!?
編集
>あおおにさま

千葉ではお疲れ様でした♪
グラツィエの方々にご挨拶を…と思っていたら、完全に見失ってしまい(涙)
何だか残念でした。ぜひまた来年も!

わたしの大学の後輩、現役の学生なのですが
その子は一高ではなく必由館だったかな~、岩津先生に教わった子がいます。
お話をしていると、岩津先生の事が大好き!との事で、
そこまで周りの人たちの心を掴むことが出来る岩津先生は
本当にすごい先生なのだなぁと実感しています。

そういう事は誰にでも出来ることではないし
同じような慕う気持ちを持つ方々が、本当に全国にいらっしゃるのだなぁ、、、
と、コメントを読ませていただいて思いました。

きっと皆さん誰もが、グラツィエが全国コンクールで歌われたことを
誇りに思ってらっしゃると思います。

改めて、おめでとうございました!(^O^)/


> ぜんぱくさん。
>
> はじめましてm(_ _)m
> 我が団のことを取り上げていただき、
> ありごとうございます。
>
> なんだか妙に『全国大会出場!』
> が感じられて、嬉しかったです。
>
> にしても、
> 先生が、“湧き出る阿蘇の水”とは、
> 素晴らしい表現ですね。
>
> まさしくその通りかと。
>
> 今日会った、在京の友人は、
> まさにその水で育った一人で、
> 『先生ってすごいよね、卒業してもみんなが会いたいって思うんだもん』
> と話していました。
>
> そんな先生に25年も手取り足取り
> 指導していただいている私たちは、
> 幸せ者ですね。
>
> この『幸せ』を、会場の皆様にもお届けできるといいなぁ。
>
> そうなるよう、
> 心を込めて歌いたいと思います。
>
> ありがとうごさいました。
2013年11月27日(Wed) 19:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。