TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2013」を書くにあたって

「コンクール出場団体あれやこれや2013」を書くにあたって


最近の世の中は、
twitterとFACEBOOKを中心に回っているように感じます。

今年もSNSが大流行。
世間では、LINEなるものが流行っているそうですね。
スマートフォンではないわたしはやってません。
twitterアカウントはありますが最近は使用せず、
FACEBOOKもほとんど見ていない状況です。
その理由は、SNSを使うことで友人たちと繋がったのですが
だんだんメディア自体に振り回される感覚の方が強くなってきたから、です。

1日の時間には限りがあり、
その中で様々なメディアが栄枯盛衰の様相を呈する今、
blogというのは「滅びつつあるメディア」かもしれません。
以前は、更新するたびに更新情報がtwitterに流れていましたが
たくさんの人に知らしめたい!という記事やネタがある訳でもなく
blog更新情報を流さないようにしたら、
グッとアクセス数が減りました(苦笑)。

まぁしょうがないですね。

そんな当blog、誰も見ていないところで細々とやっていきますので
もしご覧になっている方がいらっしゃったら
誰かに教えようなどと思わず(笑)、こっそり面白がってください。(^-^;;
知ってる人だけが知っている、という方が味わい深いかも(笑)。

----

今年からコンクールの部門が変更になりました。
個人的には、大学部門が「大学・ユースの部」となった事に
大きな疑問を感じています。
確かに大学合唱団には中高や一般と比較してヘタなところが多いですが、
上手ヘタを超えたところに存在意義があると思っています。
やっぱり大学というくくりは大事です。
・・・と同時に、
合唱コンクールに大学合唱団の未来を期待しすぎるのもどうかな?
と感じる自分も居て、今一つよく判らない部分もあります。

それと同声合唱の部について。
こちらも今一つシックリこない感じです。
ただ、どうしっくりこないか?を論評するだけの論理を持っている訳ではないので
実際に聴いてから改めて考える事にしよう。。。

----

それと、以前「倉敷の合唱好きの破戒僧さま」が担当していた、
旧「一般部門Aグループ、Bグループ」の団体の中で、
部門編成が変わった事で久しぶりに書くことが出来る団体もあったりして、
ちょっと楽しみです。(^-^)
といっても、誰かと違って取材しまくって音源聴きまくる!などの
超気合の入った事は一切しないので、大したことは書けません!(キッパリ)

あくまでも「居酒屋での酒の肴」的に、ユル~く書いていきますので
ご容赦ください。m(_ _)m

----

今年もいろんなことがありました。
1年経つのが早かったですね。
どれだけの団体を聴く事が出来るのか判りませんが
どの団体も、納得のいく演奏が出来ることを心から願いつつ、
今年も「あれやこれや」と書いてみようと思います。

スポンサーサイト

Comment

やはり大学部門は大切
編集
 私も大学部門を大切にしてほしかった一人です。確かにレベルは中高や一般に比べ少し落ちるのかもしれませんが、学生が自らの手で音楽づくりをする事に意味があると思います。(もちろん専門家の力も借りてですが。)ヨーロッパのように音大に「合唱指揮科」が存在しない日本において、有能な合唱指揮者が育つ基盤の重要な部分を大学合唱団が担っているのは、紛れもない事実です。今、日本の合唱界で活躍している指揮者の多くは大学合唱団の学生指揮経験者でしょう。この部門をユースという名の高校OB合唱団や少年少女合唱団が席巻して良いはずはありません。
2013年11月06日(Wed) 00:13
編集
ぜんぱくさんへ

ご無沙汰して・・・ませんね。
先々週は全国大会のお手伝い、
そして演奏会とお疲れ様でした!

さて、お知らせです。
はてな側のトラブルか私のミスか定かではありませんが
ブログ「原動機 -文吾の日記」が削除されてしまいました。
復旧の方法を探っている途中です。(でも無理かも)
そういうわけで ↓のURLへ行っても「Not Found」状態です。
http://d.hatena.ne.jp/bungo618/

それで、前から準備していたブログが

「原動機 -文吾のホワイトボード」
http://bungo618.hatenablog.com/

過去記事もコメントも移行済みです。

有名合唱ブロガーであるぜんぱくさんのブログということで
書かせていただきました。

私的利用申し訳ありません。

それでは連載がんばってください!
私は・・・今がんばってる最中です(笑)。
2013年11月06日(Wed) 12:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL