TOPスポンサー広告 ≫ 結局最後は・・・TOPEssay ≫ 結局最後は・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

結局最後は・・・


誰に書いているか判らない話ですが
自分に書いてるかな?と思ったアナタに書いています(笑)。
(なんだこれ?と思った皆さん、すみません>_<)


合唱をやっていて、一番最後にモノを言うのは結局は人間力だと思う。
周りの状況が自分にとって悲惨な時、あなたはどうしますか?
嘆くのも、悲しむのも、立ち向かうのも、怒るのも、やる気を失うのも
すべてあなた次第。

例えば「技術的な上手いヘタ」は誰でも直面する問題だけど
その問題の本質は、能力の有無・努力の問題ではなく、
「今、ヘタなのを自分がどうしたいと思うか?」なのだと思う。
今ヘタかどうか?ってのは、実は大して重要なことじゃない。


また例えば、悲惨な状況に直面しているならば、
自分自身もその悲惨な要因の1つなのか?と問うてみればいい。
50人いて50人全員が「悲惨だ・・・」と思っていたら
それがホントウの悲惨です(笑)。
でも、「悲惨じゃない!」と自分で思う事、
それだけは、1秒あればすぐにできる(笑)。
すると、あなたは悲惨な存在じゃなくなります。
これだけは間違いない。少なくともあなたの中では。

だから、現実が悲惨かどうか?が問題なのではなく、
自分の心がどうありたいか?が問題になってくる。


・・・それでも。
どうにも抗し切れない事態があるというのは判ります。
どうにも黒いモノに巻き込まれる。
ネガティブになる。やる気が出てこない。

そんな時どうするか?と言えば
フンガー!!と文句言いながら、とにかく、やる(笑)。
とにかく、やること。続けること。止めないこと。
何が何でも、無茶苦茶でも進んでいくこと。
そうすりゃ出口は見えてくるんです。必ず。
これだけは間違いがない。
必ず出口・糸口は見えます。
立ち止まると絶対に見えません(笑)。

こうやって書いていくと
合唱をやっていく上でいろんな問題は起こるのだけれど
(そしてそれは絶対に避けられないのです)
それに対して自分がどう向き合っているか?だけの問題になってくる。


それを文字にすれば、人間力というのでしょうか。
自分自身がどう思うか?
そこを根源的に見つめられるかどうか?が問われている。
最初は誰かに手を貸してもらってもいい、
結局そこに気が付けるかどうか?が、問われているんだと思う。


もしあなたが「気付きたい」と思うならば・・・大丈夫。
あなたは必ず気が付きます。
なぜなら、あなたがそう願ったからです。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。