TOPEssay ≫ 年賀状ありがとうございます

年賀状ありがとうございます


先ほど、愛知県から尾道へ帰宅しました。
部屋が寒い!(笑)
帰った時は5度、現在は8度(笑)。
部屋中のモノが冷え切っているから、なかなか温まりませんね。

年賀状も先ほどようやく見ることができて、楽しい気持ちになったり。
年末に年賀状を書く(というより作るw)のは大変ではありますが
1年に1度の年賀状しか便りのない人も多くいますし
情緒を感じさせる年中行事の1つでもあります。
ハガキの向こうにどういう内容にしようか!?と考えている人がいる。
宛名を丁寧に書かれている方もいらっしゃる。
そういう想像力を働かせられるのが、最大の利点と言えます。

年賀状くださった方々、ありがとうございます。
お返事をしていない皆様・・・今から書きます(泣)。

わたしが年賀状をやり取りする相手は、
ほぼ合唱関係者と親戚と言っても過言ではないのですが
今は合唱を続けていない人が何人もいます。
昔はあれほどの熱意をもって取り組んでいたのになぁ・・・
いろんな事情が続ける事を許さないのだなぁ・・・と、しみじみ思う人ばかり。
やはり1つの事を継続して取り組むという事は本当に難しいのだなぁと
考えさせられます。

何事でも、没頭して続けているうちは、
きっと止めた時の事なんて考えてもいないでしょう。
でも本当は、取り組んでいる事そのものが素晴らしいのです。
今は合唱に取り組んでいない人の分も、
顔晴らなければならないと思う。

ありがたいことにわたしは、27年間止まらずに歩き続けられました。
わたしと違って同じぐらいの長さを走り続けている人もいるし(笑)
そういう人を見ると羨ましく思ったりしますが
我々は、誰も代わる事が出来ない自分だけの道を、
自分だけの歩みで進んでいる。

わたしの師匠は自分の事を評して「牛歩の歩みだ」と言っていました。
(しかし誰もそう思ってなかったと思いますが・笑)
わたしは自分が「後ずさりしている」ようにしか思えないのですが(涙)
まぁそれでも、どこかに進んでいるなら幸せだ!
と思ったりするわけです。

動けるのならば、前に進む時がきっとあるだろう。

皆さん、悔いのない1年にしましょう。
2013年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL