TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2012」(その19・職場部門・北海道&東北支部)

「コンクール出場団体あれやこれや2012」(その19・職場部門・北海道&東北支部)


さてここからは、例年の1団体ずつの紹介にプラスして
過去に全国コンクールに出場した職場団体についても書いていきます。
演奏準ではなく、北から支部単位んでの記載となります。
ご了承ください。

北海道支部
札幌市役所声友会合唱団(混声36)

(G2 / K.Nystedt “LAUDATE” J.Busto “O magnum mysterium”)


北海道代表は「札幌市役所声友会合唱団」
全国コンクールが札幌開催の時は、誰もがお世話になっているはずです。
そういえば前回2009年の時は、わたしは札幌まで行って熱出して寝込んだなぁ・・・(あほ)
その前の2000年は、高田作品を全国コンクールで歌った記憶。(「橋上の人」)
その前の1990年は、まだギリギリ大学生でした(笑)。余談ですが。。

近年は声友会合唱団が全国コンクールに出場していますが
「北海道銀行合唱団」も長らく連続出場を続けてました。
お互い絶対的なライバルでもあった事でしょう。
美しいサウンドを聴かせる北銀合唱団は忘れられません。
他に北海道の職場団体と言えば、「北洋相互銀行合唱団」がありました。
1度聞いた限りではなかったかなぁ。残念ながら音の記憶がありません。

さて声友会合唱団の課題曲はG2、自由曲はニーステッドとブストーです。
明るく歌い上げるニーステッドのLAUDATE、
ほの暗い音像の中から喜びが湧き上がるかのようなO magnum mysterium、
どちらも演奏がとても楽しみです。
ぜひ、納得のいく演奏をなさってください!


東北支部
福島県庁混声合唱団「きびたき」(混声61)

(G1 / O.d.Lasso “Ave regina caelorum / Salbe Regina”)


職場部門でパレストリーナを歌い1位になったこともある(!!)名門合唱団。
昨年は全国コンクールへのエントリーができませんでした。
もちろんそれは東日本大震災の影響です。
復興の最前線で戦ってらっしゃる皆様で作られた合唱団です。
深い、深い敬意を表します。
そして今年、全国コンクールへ出場された事を皆が喜んでいると確信します。
課題曲は「きびたき」にとって「鉄板」ともいえるパスレトリーナ。
自由曲も同時代に活躍したラッソ(ラッスス)の作品から2曲。
思いのこもった演奏となりますように。。。。

東北支部の職場合唱団は「きびたき」の独壇場だったのですが
最近では、他に2団体が全国コンクールへ出場しています。
昨年の青森で、唯一地元からの出場で気を吐いた「みちのく銀行男声合唱団」
合唱団の歴史は古く、地道な活動をなさっている団体です。
もう1団体記憶にあるのは「東北電力ミッターゲッセンコール」です。
先日亡くなられた畑中良輔先生がコンクールの審査員をされた時
「ドイツ語はリエゾンしないんだから、ミッターゲッセンという名前はおかしい」
とハーモニーに発言されていた記憶が(笑)。
正しくは?「ミッターク・エッセン」なのですが、
まぁそれも愛称だからいいんじゃない?と思ったり。
#「ドンクサック合唱団」じゃないよ、ドンコサックだよ!
#というようなモノですね(笑)。

(つづく)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL