TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2012」(その1・東京工業大学混声合唱団コール・クライネス)

「コンクール出場団体あれやこれや2012」(その1・東京工業大学混声合唱団コール・クライネス)


「あれやこれや」、いよいよ始まります。
去年は10/26ぐらいから連載をスタートさせていますが
今年は何を余裕かましているのか(アホ)11/7からスタートです。
1日3団体は書かなきゃならない、どうすんの?大丈夫?
無事に完走できますように・・・。

大学部門
1.東京工業大学混声合唱団コール・クライネス(混声142)
(G2 / I.Lidholm “De profundis”)


大学部門のトップバッターは、クライネスということで・・・。
うーん、最初に出ちゃうの?(涙)
どんなに人数が多くても10時30分にはもう全員退場している訳で
聴きたいけど聴けるかなぁ・・・という人が多数なのでは?

ちなみに昨年は、都留文科大学がトップバッターでした。
で、わたしは聴けませんでした(ToT)

この出演順について、聞いた話によると(違うかもしれないからその時は失礼!)
支部長か事務局かの先生方がくじ引きをする、ということだったような。
それにしてもトップかぁ、もっと後で聴きたかったなぁ。。
だからと言って、じゃあコールフリューゲルがトップだったらいいの?
という話でもないし、どこかが必ずトップを歌わなきゃならない。
うーん。。。

もう1つ注目点があります。
クライネスの場合は、人数が多いから参考になるのか判らないけど(汗)
次の出演順の金城学院大グリー、その次の九大混声ぐらいまでで
今回の全国コンクールを存分に楽しめるかどうか?が判るかも。

それは、ホールの響き具合。

今回のオーバードホールは、少々デッドな響きらしいので要注意です。
ホールHPに記載があったような。反響板使用時「1.5秒」だったかな?
お客様が多くなるとさらにデッドになるかも。
また、何年か前の「あれやこれや」でも話題にしましたが
朝の冷えたホールの空気の中では、声がさらに飛ばない事が想像されます。

もしクライネスが苦労するようだと、そのあとの団体は思いやられますネ・・・。

今年は演奏が遠くで聞こえるのかな?いやだなぁ。
そうしたらわたしは1列目まで行っちゃう?(苦笑)
いや、まさか。。

今年のクライネスの演奏曲はG2、Sing Lullabyとリドホルムのデ・プロフンディス。
どのような演奏になるでしょうか?
ここまで演奏曲について触れてなかったのは
リドホルムの曲を知らなかったから・・・というのはナイショ(汗)


去年の「あれやこれや」でわたしは
「クライネスや関学グリーなど大学部門のトップ団体は
 部門の枠を超えて、一般団体を凌駕する演奏を目指すべし!」

というような大きな事を書きましたが
その気持ちは今年も同じです。
表現をどこまで突き詰められるのか、注目のトップバッターです。

(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL