TOPEssay ≫ 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。

2012年も「指揮者の独り言」をよろしくお願いいたします。


昨年は「歌う事の意味」を突き付けられた1年だったと言えます。

所詮、歌は歌なのだけど。

歌を歌う事で誰かを助けられる訳ではないのだけど

しかし歌は「所詮」では無い事を知った気がします。

生きている事の証明が歌なのだと自覚出来た気がします。

とはいえ、それを音に乗せて表現する、その道程さえまだ見えませんが・・・。

まずは、それを知った事は大きい、と思う事にしよう。


2012年はどのような年になるのでしょうか。

きっとまたいろいろな事がある。

前進する事を夢見て歌っていきたいと思いますが

全く同じ状況はあり得ないし、必ずしも好転していく訳ではない。

時間の経過と共に、常に人も流れて変化をしていく。

その変化の中で、自分が全力を尽くす事だけは

心に留めておきたいと願います。


今よりもさらに良きものにしよう、と思う皆様と

またお会いできる事を心より楽しみにしています。


今年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL