TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2011」(その20・十八銀行混声合唱団)

「コンクール出場団体あれやこれや2011」(その20・十八銀行混声合唱団)


職場部門2団体目は九州は長崎県から。


2.十八銀行混声合唱団(混声29)
(G4 / 松下耕 混声合唱とピアノのための四つの日本民謡「北へ」 より 「俵積み唄」)


十八銀行混声合唱団は、2年ぶりの全国コンクール出場です。
「あれやこれや」の最初ごろに書きましたが
九州支部の職場部門は現在、十八銀行混声合唱団と熊本県庁合唱団が
熾烈な戦いを繰り広げています。
・・・しかし、熾烈といってもちょっと違うというか。
この2つの合唱団、全く傾向の違うサウンド感を持っていて、それぞれが素敵。

十八銀行さんの方は、厚みのあるサウンド感、情感溢れる曲の演奏を上手く聴かせます。
熊本県庁さんの方は、どちらかと言えばシャープ、音楽に構成力があり機能的にも優れたサウンド感です。
(今年は鈴木輝昭作品「もうひとつのかお」だったそうです)


さて十八銀行さんの演奏、楽しみです。
リズミカルで力強い旋律を持つ耕さんの「俵積み唄」は
十八銀行さんの持ち味が十分出せる選曲なのでは??
かっこいいソロもありますし、自分たちの歌としてどう表現するか?
楽しみな演奏の1つです。
爽やかに鮮やかに。ぜひとも自分たちらしい演奏を!!


(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL