TOPスポンサー広告 ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2011」(その1・都留文科大学合唱団)TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2011」(その1・都留文科大学合唱団)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「コンクール出場団体あれやこれや2011」(その1・都留文科大学合唱団)


前書きだけ書いてどんだけ放置してんだ・・・(汗)。


という事で、そろそろ始めないと終わらない日にちになってきました。
今年は「1団体1記事」で書いていきます。
web文通相手様がやっている「応援メッセージ」もこちらでやります。
こちらでは、団体記事の「コメント欄」にメッセージを書き込みください。(^-^)b



それでは今年もついに始まります。
今年の全国コンクール、トップバッターは、つるぶん!!


1.都留文科大学合唱団
(G1 / J.A.Pamintuan “Pater Noster / Jmmah, sallih ”)


都留文科大学合唱団が、常連になったのはいつの頃か?
それはずいぶんと最近の事だと思われます。

わたしが歌い始めた頃の関東支部大学合唱団というのは(25年前から10年前ぐらいまでの話です)
千葉大学がいて宇都宮大学がいて、その2大学の後は山梨大学がいて、
さらに静岡大学、うしろの順番で登場する新潟大学、新大室内がいて
都留文科大学の名前は聞いた事が無かったのです。
1度だけ行った関東支部大会で聞いた記憶があるのだけど(あれはたしか1996年)
どんな演奏だったのかは全く思い出せない。。。


都留文の名前が強烈に印象付けられたのは、2008年岡山大会の時です。


千原先生の「御伽草子」より「浦島太郎」。
3曲目の一寸法師は演奏される事が多いと思うのだけど、はて?
・・・と思っていたら、非常に驚きました。
実に鮮やか、かつ細やかなバランスのとれた演奏だった!!

あれは驚きでした。
この曲はこんな曲だったんだーと新たな発見をさせられた。
この時の結果は確か銀賞だったと思うのですが、
いやいや、この団体の演奏はそんなもんじゃないだろう?と。

そして北海道で金賞1位獲得。
納得。


都留文の特徴は一目瞭然、男女比のバランスがよろしくない事です(汗)。

ところが、ステージから流れ出てくる音楽は、全くそれを感じさせないほど美しい。
女声がテノールパートを歌っている部分が多くあるのでしょうけど、
女声→男声への変化がこれほどスムーズなサウンドは、他では聴けません。
そして不思議な事に、音楽の男女バランスは何の問題も無い。
フレーズの細やかさやバランスの良さ、これも他では聴けないほどレベルが高い!


人数が少ない事を逆に利点としている好例と言えます。
そして指揮者の清水雅彦先生の音楽がメンバー全員に行き届き、
また深い共感を得ているのでしょう。そういう音がします。


今年の演奏曲は、話題のPamintuanの作品。
非常に美しいサウンド感を持つPamintuanの音楽と、
都留文科大の滑らかなサウンド感はピタリと合うはずです。非常に楽しみだ!!

そして、確かPamintuan氏は来日されて青森入りされるのでは無かったでしょうか?
日本で自分の作品がどのように解釈され演奏されるのか、
非常に楽しみにされているはず。
Pamintuan氏の感想も聞いてみたいものです。
・・・誰か聞いてください・・・(涙)。


この都留文科大学がトップバッターで登場です。
そうかートップバッターかー・・・。もう少し後でもいいんだけどな。
「おいしいところ」は後で聴きたいというか・・・。


(つづく)


スポンサーサイト

Comment

編集
関東大会を聴きましたが、今年も女声←→男声のスムーズさは健在!改めて驚きました。トップバッターでコンディションは悪いかもしれませんが、いい音楽を聴かせてくれることでしょう。

高速バスが遅れなければ、聴いていると思います(笑)
2011年10月27日(Thu) 00:16
どうもどうもです
編集

>たかさんさま

どうもどうもです。^-^
そうですか、サウンドのスムーズさは健在!ですか。それはとても楽しみです。
あれほどのサウンドの一体感は驚きですね。
中高生合唱部の一体感のイメージとは全く違いますものね。
トップバッターというのが何とも残念ではありますが、
岡山大会の時は2番手だったけど名演を聴かせてくれたし、とても期待しているのです!^-^

2011年10月27日(Thu) 23:42
編集
初めまして♪

文大を今年の3月に卒業したタヨといいます。
大学4年間文大合唱団で歌っており、2008年は2年生でした。
今年も全国大会に出場することができ、OGとしてとても嬉しく思っております!
そしてこのように応援して下さる方がいると思うと嬉しいです。ありがとうございます!!

青森には行くのでしっかり応援したいと思います。
そして一般A部門でソレイユのメンバーとしてステージに立つ予定です。
実は、樋口先生の門下生でもありました(笑)
2011年10月28日(Fri) 20:20
コメントありがとうございます♪
編集

>タヨさま

コメントありがとうございます♪
そして今年も全国コンクール出場おめでとうございます!
わたしが聴いた文大さんの演奏は実に素晴らしかったです。
今ではたくさんの合唱団が歌っているであろう相澤先生作曲の「ぜんぶ」は
ポロポロと涙しながら聴いた記憶があります。よかった。
それと、都留文科大学合唱団の方は自分たちの団体を「文大合唱団」と呼ばれるのですね。
これからわたしも「文大合唱団さん」と書く事にします。
実際に中で歌っている人たちにしか判らない事ですからありがたいです。

今年も素敵な演奏をされますよう願っていますので
現役の皆様によろしくお伝えください!(^o^)

それと今はソレイユさんですか!
わたしの中では「日本一の女声合唱団」です。
ソレイユさんより上手いところはありません(断言)。
良い演奏となりますように、もちろん期待しています。

…という事は、そのうちどこかでわたしと遭遇すると思いますよ。
友人たちがゾロゾロといるのでね、MO…なんとかという合唱団ですが(笑)。
ひょっとしてもうどこかで会っているかもしれませんね。
2011年10月28日(Fri) 21:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。