TOPMusic ≫ 「コンクール出場団体あれやこれや2011」を書くにあたって

「コンクール出場団体あれやこれや2011」を書くにあたって


twitterというツールはすごい、という事を強く感じるコンクール前です。
あっという間に情報が集まる、つまり人の気持ちを動かしやすい性質があるのですね。
twitter、blogコメントで情報をくださった皆様、本当にありがとうございます。
改めてお礼申し上げます。


mixi、twitter、Facebook・・・。
情報の回転するスピードは2,3年前と比較しても比べ物にならないぐらい早くなり、
今までなら(たとえweb上であろうとも)会話しないであろう人たちと交流が持てるようになり
良い話も、悪い話も、たわいもない話も、笑える話も、悲しい話も、腹がたつ話も、
どんな情報でも、誰もが即時に共有しつつある現代。


そんな時代の中で、我々は何てアナログな事を、一生懸命しているんだろう?と思います。
(圧倒的多数の人たちが)経済的には一銭の得にもならないであろうに(笑)
音が取れずに悩み、声が汚い事に頭を抱え、ハーモニーが揃わない事に眉をひそめ、
人との関わり合いの難しさは誰もが多かれ少なかれ感じつつ、
それでも、声を合わせハーモニーを合わせ、心を合わせる合唱という音楽づくりに
我々は心を奪われずにはいられない。


そして、合唱というジャンルは本当に奥深い。

1500年代ぐらいの作品からつい先日生まれたような作品まで、
だいたい500年弱の年代幅を持った作品を演奏するジャンルというのはほとんどありません。
500年弱も変わらずに続けているという事は、「合唱は保守的」だとも言えます。
しかし「変わらずに続ける」という事は、「変化していく事」よりもはるかに「過激」な事。
合唱というジャンルは非常に過激なのです。
例えば、ルネサンス時代の穏やかな音楽の裏に、どれだけのドラマが存在しているか!?
少し考えただけでも、恐ろしいではありませんか。決して穏やかなはずがない。。。
そして、500年前の概念や様式感を今に再現し、それを深めようとさえしている・・・。

こんなことって、他にある??


----


前置きが長くなりました。


さて、大学・職場部門の「あれやこれや」を書き始める訳ですが

今年は東日本大震災が起こりました。
あの時は正直誰もが、歌なんて歌ってる場合じゃないだろ?と思ったはず。
実際に、福島県では学校自体が移転せざるを得なくなり、
合唱部も解散状態に陥ったところさえあります。

今年は一体どうなるんだろう?

そんな想いでいっぱいだった。


そして今年は、東北地方青森県で開催される全国コンクール。
そんな今の日本で、大学生たちは、職場部門の人たちは、どんな歌を聴かせるんだろうか?
わたしはとても楽しみにしています。

・・・でも、きっと特に変わった事は無いとも思います(笑)。
うわーすごく上手い!と感心したり、イマイチだな・・・と思ったり、
若いんだから元気出せよ!と思ったり(笑)、ホロリと涙したり。。。

そういう変わらない営みが今年も間近です。
こんな大混乱の時代に、若者たちが青春の一ページを合唱に費やそうとしている。
合唱音楽を更に深めようとしている。

過激です。


----


この「あれやこれや」シリーズは、2004年にスタートしました。
松山で開催された全国コンクールを聴くにあたって
わたしがやっている合唱団メンバーの事前の参考になれば・・・と思って書きだしたのが最初です。
それがどういう訳か、何年か前からweb文通相手様のような奇特な方が現れて・・・(笑)。

あちら様は綿密な取材と豊富な知識、的確な文章表現力で書きすすめられるでしょうから、
一般部門の方々は本当に幸せですね・・・(涙)。
あちら様の分はぜひ、コピーを大量に作ってプログラムに挟み込んでください(爆)。
わたしの方は例年と変わらず、
「合唱人が居酒屋であーだこーだ言いながら合唱団について話をしている」
というゆるーいコンセプトで書いていきます(笑)。


そんな代表団体の皆様に、大いなるエールを込めて
今年も大学・職場部門について「あれやこれや」と書かせていただきます。
今年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Comment

もうすぐそこなんですね
編集
早いですね~1年なんて。

我が長崎県から、職場の部で十八銀行混声合唱団さんが出場されます。
いろいろ悩みながらも頑張っておられますv-91
どうぞ温かくお迎えくださいませ。

「あれやこれや」今年もゆる~く期待しております!
2011年10月20日(Thu) 00:51
編集
>綿密な取材と豊富な知識、的確な文章表現力

・・・またプレッシャーを重くするようなことをw
ちなみにまだ10分の1も準備ができておりません。
お願いメールもこれから送る団体が大半!(スミマセン)

ちなみに
>コピーを大量に作ってプログラムに挟み込んで
…ということですが、実際に毎年「あれやこれや出張版」を
全部プリントアウトされている方によると
昨年は「80枚以上」になったそうです。挟めるかな?w


「変わらずに続ける」のが過激、という言葉には
「おっ!」と目が開きました。
確かに劇的に周囲の環境が変化する中、
変わらないことを維持しようとする心とは
どういうものなのでしょう?
私も考えたいテーマです。
2011年10月20日(Thu) 07:38
Re: もうすぐそこなんですね
編集

>area51さま

ホント、早いですねぇ1年経つのは。

無我夢中でやってた若い頃(今も無我夢中ですけど笑)は
先の見通しが全然立たなかったから、でも勢いで全部やってたから
時間が経つというよりもその場その場で何とかしようとしていたんでしょうね。

先の見通しが立つと、ありゃ、案外先は短いぞ・・・と(苦笑)。

十八銀行さん、是非とも顔晴って欲しいです。
熊本県庁さんと良きライバル関係であり続けて欲しいと思います。
来年、部門再編が行われるとどうなるのか?は、ふたを開けてみないと判りませんが。。


> 「あれやこれや」今年もゆる~く期待しております!

はいー。ゆるぅーくやります(笑)。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

2011年10月20日(Thu) 10:41
Re: タイトルなし
編集

>web文通相手様

どうもです。^^

> ・・・またプレッシャーを重くするようなことをw
> ちなみにまだ10分の1も準備ができておりません。
> お願いメールもこれから送る団体が大半!(スミマセン)

いやープレッシャーをかけて顔晴っていただかねば♪
日本中の合唱ファンが記事がupされるのを待ってますよ!一般部門の!(笑)


> ちなみに
> >コピーを大量に作ってプログラムに挟み込んで
> …ということですが、実際に毎年「あれやこれや出張版」を
> 全部プリントアウトされている方によると
> 昨年は「80枚以上」になったそうです。挟めるかな?w

へへぇ、マジですか?(汗)
すごーい。
さすが、複製に耐えうる分泌力・・・じゃない、文筆力をお持ちなだけあって
平然とされてますね。わたしの方を複製されたら燃やして回ります(笑)。


> 「変わらずに続ける」のが過激、という言葉には
> 「おっ!」と目が開きました。
> 確かに劇的に周囲の環境が変化する中、
> 変わらないことを維持しようとする心とは
> どういうものなのでしょう?
> 私も考えたいテーマです。

そうですね。考えると深いです。
大震災を経ても変わらずにいようとする心。
変わらないだけにその核心も見えにくいのかもしれませんが
きっと何かがあると思うんです。
まぁそれは、青森の飲み会で・・・という事で。

・・・そういえば、交通手段とりましたか!?


2011年10月20日(Thu) 10:47
編集
折角の東北開催の全国大会なのに
震災の影響か例年よりも各県参加団体が少なかったように思えます。
特に職場は福島県庁、東北電力が活動休止中らしいですし、東北大会で職場が一つというのは何か寂しさを感じました。
2011年10月20日(Thu) 16:06
編集
ぜんぱく様
ご無沙汰しております。
今年は、青森行きの切符を逃し、都合で聴きに行くこともできなくなりました。
全国大会の雰囲気は、こちらのブログの記事で楽しませていただきます。
熊本県庁合唱団にもふれていただき、ありがとうございます。来年の職場部門区切りの年に有終の美を飾るべく、まずは私自身、レベルアップのため足掻いているところです。
2011年10月22日(Sat) 14:21
しょうがないですけど残念。。
編集
>KBさま

おっしゃる通り、寂しいですね。
ただ事情が事情なだけにしょうがない部分も大きいです。
福島県庁、東北電力、どちらも厳しい。。。
活動再開は復興のスピードともリンクするでしょうから、
来年にはぜひ復活を果たして欲しい!と願うばかりです。


> 折角の東北開催の全国大会なのに
> 震災の影響か例年よりも各県参加団体が少なかったように思えます。
> 特に職場は福島県庁、東北電力が活動休止中らしいですし、東北大会で職場が一つというのは何か寂しさを感じました。
2011年10月26日(Wed) 23:41
ご無沙汰しております
編集

>zi:zi:様

こちらこそご無沙汰しております。
ここ最近は、zi:zi:様のご活躍をネットの至るところで見たような気がします。
素晴らしいですね!
県庁合唱団は残念でしたが、来年さらにパワーアップ!ですね。すごそう。。。(^_^;;
またお会いできる時を楽しみにしてますね♪

2011年10月26日(Wed) 23:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL