TOPスポンサー広告 ≫ Treulich bringt ein jedes Jahr neues Laub wie neues Hoffen.TOPEssay ≫ Treulich bringt ein jedes Jahr neues Laub wie neues Hoffen.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

Treulich bringt ein jedes Jahr neues Laub wie neues Hoffen.


今日の仕事の帰り道、道路沿いに立っていた桜の樹に
花が咲いているのを見ました。2分咲きぐらい?


何だか、とても感動しました。


今も関東・東北は大変な状況が続く現在ですが
それでも桜は、今年も変わらずに美しく咲く。


そしてハッとしました。


何年か前のコンクール課題曲にもなっていた
メンデルスゾーン作曲の“Herbstlied”(秋の歌)、
これはついこの間まで練習していた曲なのですが
その曲の最後に

Treulich bringt ein jedes Jahr neues Laub wie neues Hoffen.
(毎年変わることなく、新たな葉を新たな希望の印として運んでくれるのだ)


という歌詞があります。
歌詞の言いたい事は判るし、前後の流れも把握して演奏していたつもりですが
思い返せば、いま一つ実感に薄かったのだと思う。


そうか~、この曲はこういう感動を歌っていたのか。
あの時を境に、日本はいろんなものが変わってしまったけど
それでも変わらず咲く小さな花に、強ささえ感じる。


関東・東北でも、早く桜が咲きますように。
その今年も変わらないであろう美しさが、新たな希望となりますように…。



・・・うーんしかし、
“Herbstlied”の本番はもう終わっちゃったんだよな…。
3回も歌ったのに・・・(苦笑)。


スポンサーサイト

Comment

編集
桜の花言葉は「精神美」だそうです。

世界中のメディアに驚嘆された、「真面目」で「勤勉」な日本人。

その日本人の中でも取り分けて、「忍耐強く」「粘り強い」東北の方々。

奇跡の復興を心から信じております。
2011年04月01日(Fri) 23:55
編集
こんな時こそ音楽を!!

震災から一ヶ月弱経ちましたが団の練習を再開しました。
自衛官、医療関係者など復旧に携わっている団員も居るためフルメンバーとはいきませんけど

普段使ってた練習会場は被災したり避難所になってたりと使用できないため団員のつてで保育園とか借りたり場所の確保が大変です。

あと仙台市内では市内の合唱団、音楽家、仙台フィルなどが有志で集まって路上演奏などを開始しました。
避難所では自衛隊音楽隊の慰問演奏なども行われているようです。

こういう時こそ音楽を楽しんで街を明るくしたいですね
2011年04月06日(Wed) 20:04
無事に帰られたでしょうか?
編集
ご無沙汰しています。
被災地入りされてのお勤め、本当にお疲れ様でした。
西日本の人間はテレビを見て想像する事しかできなかった事を
どのように見て感じられたか、また話を聞かせてください。

桜が咲いていたのは、本当に心が安らぎました。
そうですか、「精神美」ですか。
本当にいい言葉ですね。

2011年04月10日(Sun) 01:47
練習再開おめでとうございます!
編集
>KBさま

まさに非常時の中での音楽活動、本当にお疲れ様です。
同時に、歌う事の喜びを強く感じられたのではないでしょうか?
西日本の私でさえ、自分の合唱団で歌った時には本当にうれしかったですから。。。

> こんな時こそ音楽を!!

まさに、その通りですね!!

2011年04月10日(Sun) 01:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。