TOPEssay ≫ 普段通りでいる事がこんなに難しいのか。

普段通りでいる事がこんなに難しいのか。


仮に、サッカー選手が足に大けがを負って何ヶ月も復帰できない時
きっとその選手は休んでいる期間に、怪我をしていない部分を鍛えたり
読書などをして精神面を鍛えたり…とかいう、普段出来ない事をして
怪我が治った時に更にパワーアップしておくための準備をするのでしょうね。
また怪我をかばって、悪くない方の足を痛めたりするのは最悪の事でしょう。


こういう非常時の情勢となっている日本。
その西日本の住民の1人としては
ガソリンが高い以外は、現時点で特に問題が無いのだから
東北・関東が今度立ち直るためには、やはり元気でいなければならない。
むしろ、今まで以上に自分たちを鍛えておかなければならない。

そうでなければきっと、治るのも遅くなってしまうだろうし
この負傷が癒えた時、以前より弱っている状態になってしまう。


うーんしかし。
今はまだ、怪我の大きさがどのぐらいなるのか判らないし
判っている怪我の状態も、余りに大き過ぎるのです。
まだ気持ちがすくんでしまっている。


普段通りでいる事はこんなに難しいのか。
早く前を向いて進めるようになりたい。。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL