TOPEssay ≫ 今回の大震災で被災されたすべての皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回の大震災で被災されたすべての皆様に心からお見舞い申し上げます。


今回の大震災で被災されたすべての皆様に心からお見舞い申し上げます。


わたしは3月13日(日)に東京都北区「北とぴあ・さくらホール」で行われた

CANTUS ANIAME&MODOKIジョイントコンサート

に出演しました。

そして、本日午前に尾道へ戻ってきました。


blogに書いておきたいと思うのは

このような状況下において、なぜコンサートを開催したのか?

なぜ中止にしなかったのか?という事です。


当然の事ですが、出演者全員が非常に悩みました。

これほどの大惨事の中、本当に歌っていていいのか?

余震やまぬ東京で、何か更なる事態が起こったらどうするのか?


雨森先生、山本さん、CAメンバー、MODOKIメンバーも悩みましたし

わたしも個人で悩んでいました。


この状況下、わざわざ東京へ行って歌う事が本当によい事なのだろうか?

(それは、MODOKIメンバーも全く同じ気持ちだったはずです)


無事に戻ってきた今でも、すべての迷いが解消した訳ではありませんが

わたしの考えた事は、今回のジョイントコンサートが

自分たちだけが音楽をする場にしてはならない、という事でした。

家にいればおそらくテレビを見続ける事しか出来ませんが

ジョイントコンサートを行えば、会場に来ていただいた方に、

自分たちの想いのエネルギーを感じていただける。


合唱人は、歌う事で何かしらの意思表明をする事が出来ます。


そして、このジョイントコンサートで義援金を募る事や

コンサートの売上の一部を寄付するなどして

合唱団として社会的責任を果たしていく事が出来るのではないか?と思っていました。


そして、実際に募金活動やコンサートの収入から寄付する事となり

非常にうれしかった。

自分たちのやっている事が、ほんの少しなのかもしれないけど

この惨状に対する何かしらの貢献になったという事。


もしジョイントコンサートを中止していたら、これらはすべて何も出来ませんでした。


しかしこれは、無事に終われたから言える事、結果論に過ぎません。

コンサートの最中に何か起こっていたらどうなっていたのか?

この迷いは、帰宅した今でも付きまとっています。


自分たちのやった「コンサート開催」という選択が正しかった!なんて

出演者誰もが、きっとそんな事は思っていないと思います。

批判する人もいるだろうし、その批判が社会的に正当なものであるとも思っている。


しかしあの時、ジョイントメンバーはみんな、何かがしたかったんだと思う。

歌に乗せた想い、願いを届けたかったし、具体的な貢献もしたかった。

その結論が「演奏会開催」だったのだと思っています。



音楽をする意味と向き合っている自分がいます。

こんな時に、自分には何が出来るだろうか?

TVを消せば、新聞を読まなければ、いつもと何も変わらない日常のあるこの場所で

目をそむけずに何か出来る事はないだろうか?

そんな事を考えています。


最後に、ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。


皆様も今回のジョイントコンサートに参加した我々の仲間です。



スポンサーサイト

Comment

被災お見舞いに感謝します
編集
被災地に居る者として、コンサートを予定通り行い、義援金を募ってくださったことに感謝いたします。

誤解を恐れずに言わせていただくと、自粛は何の助けにもなりません。むしろ、もっともっと何割増しでも元気に活動し、被災地の分以上に稼ぎ出し、少しでいいですから募金をしてください。また、風評に惑わされずに被災地の物をどんどん買ってください。それが、被災地復興の支援になります。
今回の被害があまりにも広範囲なため、日本のGDPは下がることが予想されていますが、被災地じゃないところはそんなことはないぞと、被災地の分以上に稼ぎ出し日本の底力を見せてほしいと思います。
我々も復帰できた者から活動を再開し、復興を助けていきたいと思います。

グリーンウッドハーモニーも4月5日から練習を再開することになりました。これまで使用していた市の施設がほとんど使えず、別な会場を探しての活動になります。復帰最初の練習にどれくらいの人が集まれるかわかりませんが、自分自身を元気付けるため、そして周りの人にも元気を与えられるよう、やれることをやっていきたいと思います。

7月3日開催予定の定期演奏会も日時と会場を変更しなくてはいけないかもしれません。でも、いつも通りあるいはいつも以上に感動できる演奏を届けられるようにと思っています。

ゼンパクさんにも、早く我々の元気な姿を見せられるよう、その時を楽しみにしています。
2011年04月02日(Sat) 23:13
Re: 被災お見舞いに感謝します
編集

>大魔王@GWHさま

ものすごいハンドルネーム(笑)。
「GWHには『大魔王』がいるのか!?」と思った人も多いはず(爆)。
わたしにとって今井先生は「魔法使い」ですが、「大魔王さま」はその上を行く訳で…(笑)。

さて。

GWHの皆様、そして大魔王ご夫妻さまに、心よりお見舞い申し上げます。
そして練習再開、本当におめでとうございます。
苦労も多いでしょうけど、合唱人が歌える喜びは、何物にも勝りますね。

今、経済を回すのは西日本の役目です。
ところがわたし自身に回す金が余りありませんが(笑)
行動範囲だけは自粛しないように変わらず動いてます。

日本も合唱界も、しばらくは落ち着かない時間が続くのだと思いますが
結局は、今できる事を今するしかない。
わたしも出来るだけ、力強く前に進んでいきたいと思います。
またお会いできる時を、心から楽しみにしています!
また会いましょう!!

2011年04月10日(Sun) 02:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL