TOPEssay ≫ 素晴らしい宴の時間。

素晴らしい宴の時間。


無事帰宅しました。
やはりカプセルホテルでも確保しておけばよかった…と思う、徹夜明けの今朝。


今年は素晴らしいコンクールでした。
熊本で開催された以来の「涙腺決壊コンクール」。
もちろん演奏が素晴らしかった…という事なのですが
自分では予想外の事態。
どうしてそうなっているのか、何が何だか判らんのですが
嗚咽しそうになる時さえあって(やっぱり何かヘンだ…歳か?)
そういう時は、難しい事を考えずに感覚だけがシンプルに反応しているので
すがすがしい気持ちでもあります。


感想も書いていきます。
涙ほろりした団体だけ…と思っていましたが
それ以外の団体でも書いていきたいと思います。
またいろいろと書くのは大変ですが…。


それと、3次会でweb文通相手様と座談会をしまして
そのうち座談会がまとめられてあちらのblogにupされると思います。
楽しいし飲んでるし(笑)、そこでいろんな事を言いましたが、
結局は歌ってないわたしとしては、何を言っても「犬の遠吠え」に近いと思う(苦笑)。
座談会で言えてない事もあるはずだし、
このblogでの感想は、いろんな事を思い出しながらじっくり考えて書くので
座談会と違うところもきっとあるはずです。
まだ何を書くのか全く判りませんが、よろしくお願いします。


改めて、素晴らしい演奏をありがとうございました!!


スポンサーサイト

Comment

編集
 合同二次会で話しかけていただきありがとうございました。
初めてお顔が分かりました。思っていたより大柄の方で、
想像していたイメージと少し違いました。これからも
おつきあい下さい。
 ESTの演奏についてもご感想を聞かせていただければ
幸いです。
2010年11月23日(Tue) 23:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL