TOPスポンサー広告 ≫ W杯・日本代表vsカメルーン代表TOPFootball ≫ W杯・日本代表vsカメルーン代表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

W杯・日本代表vsカメルーン代表


久しぶりに、粘り強い日本代表を見ました。


事前にいろいろと言われていた報道しか知らない一般人としては
やはり表面的に見えてくる事は、しょせん表面的なのだと改めて認識。
素晴らしい勝利でした。


試合の感想としては、実に理にかなった戦い方を選択したと思います。

阿部選手をセンターバック2人の前に置いてバイタルエリアを消して
その前に試合を組み立てられる遠藤選手、長谷部選手を配置、
時にボールを持ち過ぎる時もある、しかし勝負強い本田選手を
最前線へ配置して中盤のボール回しを確保、
FWの大久保選手、MFの松井選手を両ウイングとして配置、
サイドバックと両ウイングでサイドのプレイヤーを増員、
数的有利を常に作り出す状況を作り出した…という事だと感じます。

中村俊輔選手は、怪我も抱えていた状態なので
そのまま出場すると運動量が落ち、
ボール回しがスムーズに出来にくくなる状況が出来るのかもしれない。
結果として、運動量豊富な中盤・両サイドを配置出来た、という事でしょうか。

これって、システムはマスコミ報道の「4-5-1」ではなくて
両ウイングを配置した「4-3-3」ですね。
サイドプレーヤーを多く配置するのは、現代サッカーのトレンド・常識でもあります。


それにしても、運動量豊富でした。
しかけの動き出しが少ないのは少々不満ではありますが
(連携がまだとれないところがあるのだろうか?)
高地での試合、という影響があったのかもしれない。


カメルーンチームからすると
これだけ周りにしつこくまとわりつくように動かれると
「ブ~~ン」というブブゼラの音と同じく
ハエがたかっているように感じた事でしょう。あぁ面白い(笑)。


今後は、中村俊輔選手の出場チャンスも無い訳では無くて
比較的チームのシフトが守備的だったからでもある。
攻撃的に行く時には、きっとサイドプレイヤーとして出てくるでしょう。
これも楽しみです。


…しかし、これも試合が勝って試合が終わったからこそ書ける話で(苦笑)
岡田監督のプラン通りだったのでしょうけど
さすがにここまで安定した「日本らしさ」が見れるとは思いませんでした。
これで負けてたらボロクソ書かれるんだろうな。。。。せつないなぁ。。。


とはいえ、危険なシュートも何本か浴びた訳で
ちょっと違えば引き分け・負けもあり得た。
次のオランダ戦はどんな試合になる事か。
これまでにないハードワークを強いられる試合になる事は必定、
どこまで切れずに耐えられるか…という試合になりそうです。
見ている方もストレスは溜まりますが、
ストレスなく勝つ事なんかあり得ないよね(笑)。


それは合唱も同じ事なのであって…。


スポンサーサイト

Comment

編集
運にも助けられましたが、カメルーンの良さを消すのが上手くいった感じですね。早めにボールを奪えていましたし、ボールを持った相手に複数で当たれたし。

日本のシステムは、4-5-1でも4-3-3でも無く、4-6-0のように感じました。

後半になると運動量が落ちて、中盤の選手間のスペースが広がってしまったのが課題でしょうか?
2010年06月15日(Tue) 09:41
Re: タイトルなし
編集
>およさま
どーもです。(^^)
イマイチ攻撃が連動してないのが残念ですが、守備はよかったですね。

> 日本のシステムは、4-5-1でも4-3-3でも無く、4-6-0のように感じました。

4-6-0ですか。
それほどディフェンシブな印象も無いので、4-3-3だとわたしは思います!
…という議論が、ビールでも飲みながら試合見ながら出来れば最高ですねぇ。

2010年06月17日(Thu) 23:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。