TOPMusic ≫ 史上かつてなく名残り惜しい演奏会(その15)

史上かつてなく名残り惜しい演奏会(その15)


コーラスガーデンの3日目、演奏会!
超盛りだくさんなので書くのが本当に大変ですが…。

2団体目に登場するのは、福岡のスプリッツァー!!
という事で続きです。


----


いきなりノリノリの演奏を繰り広げて颯爽とステージを後にした…
…じゃなくて客席に降りてきた(笑)ソレイユさん。


はい、コーラスガーデンはそういうシステムですから。


次に出てくるのは…、昨年大いにお世話になった「スプリ」の皆様。
プリマドンナのあとに登場するとは、かなりのプレッシャーだろうけど、顔晴れ~!!


スプリッツァー(福岡)

「チベット民謡と声明による3つの歌」より
「She de kyi(幸せの唄)」「Ⅱ」(チベット民謡 曲:西村英将)

指揮:今釜亮


司会の超熱い男氏の

「さぁ今から、皆さんをジャズの世界からチベットの異世界へお連れしましょう!」

という紹介コメント(だったと思う、記憶不鮮明・涙)。

ちょっとだけ「何でやねん(笑)」と思ったのだけど
司会者としては、そう言わざるを得ませんよね(笑)。


この西村さんの「チベット民謡と声明による3つの歌」は
昨年3月のスプリッツァー演奏会で初演された曲なのですが
余りに難しいので「Ⅱ」はコンサートでは演奏しなかった…という事情があります。
…という事は、コーラスガーデンで世界初演?
プログラムを見ると…どうやらそうらしいです。

その時の、スプリッツァー演奏会の感想はこちら


…とにかく、すごい曲なのです。
もうジャランジャランと…。

とあの時のコンサートを思いだしながら、
ステージに登場してきたスプリメンバーを見ると…あれ?いつもより少ない!?

(誰も判らないだろうけど)男声の少なさに驚いている中で演奏が始まりました。


唸るような声明の響き、女性の祈りの声…、
どこまでも広がりを持つ音空間……まさに異世界。


そんな音を聴きながら
わたしは、コンサートで初演された時とは大きく演奏が変わっている…と感じました。
演奏自体が、とても見通しの良い整理された音楽になっている、という事。
コンサートの時はもちろん他の曲もあるし、そもそも超難曲だし(汗)
合唱団の能力の高さや瞬発力を駆使して演奏していた部分があったんだ……
と、コーラスガーデンでの演奏を聴いて感じた次第。

やはり銅鑼?や鈴が鳴り響き、異空間を演出しているのだけど
音楽が見通しを持った事で、スプリ演奏会の時とは違う風景を感じます。
それは、遠くに広がる雪を頂いた大山脈の風景だったり
霞の遥か向こうに見える大寺院、そこからかすかに聴こえる祈りの声であったり…。

音楽が整理される事で空間的な広がりを得る。
これは大きな発見でした。
だから鳴りモノがうるさくないのです。

最後は女声がわらべ歌?を歌いながら、下手・上手に消えていき
祈りの音空間は、時間的な広がりを持ったのです。。。

つまり、これはいつまでも続く祈りである、というメッセージ。



すげーーーー!!!!(@o@)


スプリはこれを16人でやったんですよ?
普通だったら50人ぐらいの合唱団がやるような曲です。
何と音楽性の高い合唱団と指揮者なんでしょう?!
わたしはもう、胸打たれてウルウルと…(涙)。


----


あぁ、今でも思い出すとジーーン…としてしまいます。
こんなすごい合唱団とご一緒してたんですね(大汗)。
またいつか、何か出来るといいなぁと本気で思ってます。
ありがとうございました。


(つづく)

スポンサーサイト

Comment

編集
ぜんぱく 様
素敵な感想、ありがとうございますv-10
しかし・・・・・褒めすぎです(笑)

あの曲は16人でやっちゃったというか、オーダーメイドでスーツを作ったら、間違って小林〇子の装置が出来上がった感じでして(苦笑)

うちの合唱団、特に少数に拘っているわけではございません。

満遍なく、各パート人が足りません(笑)
ということで、いつでも、団員募集中でございます。

まだまだ、先は長ごうございますが、素敵な感想、お待ちいたしておりますv-290
2010年05月15日(Sat) 00:31
スプリの皆様によろしく~
編集

>歌うコンシェルジュさま

お返事が遅くなってすみません。。
コーラスガーデン感想が全部終わったら…と最初思っていたのですが
もうこれはきっとこれからも延々と続く…と観念して(涙)
遅ればせながら返事です。

> しかし・・・・・褒めすぎです(笑)

はて?そうでしょうか??
もしスプリの皆さまが、わたしが書いたような事を志向してなくて
演奏会のときよりもクオリティが落ちちゃったよ~と激しく落ち込んでらっしゃったのなら
それは全く見当外れの感想で、とても申し訳ない限りです(笑)。

しかし演奏の感想とは、歌った瞬間にもう聴き手のモノなのです。
何を書こうが感じようがわたしの自由(爆)。

そもそも、スプリの皆様のためだけに感想を書いている訳じゃないので
別にヨイショするつもりもありませんし(何のために?笑)
思った事、感じた事を素直に書いたまで、です。

とにかく、わたしはホントに良いと思ったんですから
ほっといてくださいっ!(爆)

という事で、次お会いする時を楽しみにしてまする~。(^-^)v

2010年06月01日(Tue) 23:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL