TOPMusic ≫ 史上かつてなく名残り惜しい演奏会(その2)

史上かつてなく名残り惜しい演奏会(その2)


「コーラスガーデンin佐賀」は、本当に2つとない「合唱の庭」だったと思います。
その凄さを、どう考えて説明すればいいのか。
ちょっと途方に暮れている感じです(笑)。


人が集えばそこに何かが生まれるし
合唱人ならば、歌と酒があれば大盛り上がり…!
というのは、近年の全国コンクール後に開催される「史上かつてない2次会」でも体験済み。
(これも最初のきっかけはMODOKIですな・笑)

あの「2次会」も何だか名残り惜しくて、
ずるずると朝まで飲んでしまうのはいつもの事なのだけど(笑)
今回は、そういう「合唱人同士の連帯感」とも種類が違うような気がするのです。


たくさんの要素が詰まっている「コーラスガーデン」について
一言で書くのはとても難しい。
うまく表現できるかどうか、イマイチ自信がありませんが
この幸せな演奏会に立ち会った者のひとりとして
自分が経験した事を順番に書いていこうと思います。


(つづく)

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL