TOPEssay ≫ ちょっといい話。

ちょっといい話。


アサヒ.comで見た、ちょっといい話。
「J1清水、日航ロゴマーク「無償でもつけ続ける可能性」←ココ
 

1997年、清水エスパルスは経営危機に陥り、チーム消滅の可能性がありました。
そんな時にも、以前と変わらずスポンサーとして名を連ねていたのがJAL。
得点時にサポーターが広げるBIGフラッグも、JALのロゴマークが入っていたりして
エスパルスサポーターはJALに強い愛着があります。


ちなみにエスパルスサポーターのわたしが乗る飛行機は、ほぼすべてJAL。
13年間でANAはやむを得ず1回だけ乗ったかなぁ~?

覚えている人は覚えていると思いますが、
サッカーを愛するサポーターにとって
ANAには昔の微妙な記憶がまだ残ってるんですよねぇ~…。(苦笑)


さて、1997年に経営危機に陥ったエスパルス、
会社を新しく立ち上げてチーム本体はそちらへ移行、
負債を旧会社にすべて残し、債務返済を続けました。
今の日本航空が取ろうとしている方法と同じですね。。

現在は左袖に付けているロゴマークを残すという話、
実際にはどうなるかは不明です。
いくら無償でロゴマークを付けるから、といっても

「税金使って経営再建しているのに、
 サッカーチームのスポンサーになるなんんてどういうこっちゃ!?」


と、逆に世間様に誤解される可能性もある訳で、
その辺りをエスパルス社長は冷静に見極めようとしているようです。


余談ですが、
1997年の経営危機が発覚した時にチームが獲得しようとしていたのが
小野伸二選手。
その当時、結局は浦和レッズへ行きましたが
今年、ドイツのチームからエスパルスへ移籍してきました。
この流れに少し因果を感じなくもない。


最近のニュースはお金の話ばっかりで、世知辛い話題ばかりが渦巻く世の中、
「絆」のような話が聞けるのは実にホッとします。
うちのチームは、昔受けた「恩」を忘れちゃいませんでした。
苦しい時こそ手を差し伸べる気持ちを忘れたくないです。


ちょっといい話。
そしてサポーターとしては、ちょっとうれしい話。(^-^)
ぜひ、今年のユニフォームにも、JALを。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL