TOP未分類 ≫ 今、読んでいる本。

今、読んでいる本。


土日練習の話は次の記事で。


最近の読書について。

ここ最近は、全体的にシュールというかマジメというか
ちゃんとした?比較的重い小説を読む事が多くて
そうなると、逆に気持ちが「本を読むぞっ!!」っていう態勢にならないと
本を読む状態になれずにちょっと困ってました。

いろいろと追い詰められているから(笑)
楽譜を眺める時間の方が多いんですよね。
…正しい姿なんですけど、それだけじゃあちょっと…。

で、本屋で最近文庫本で出た1冊を何の気なしに買って読んで
ゲラゲラと笑ってます。


森見登美彦・著「夜は短し歩けよ乙女」


2006年発売、2007年本屋大賞第2位、第20回山本周五郎大賞受賞…。


なーんだ、有名なんじゃん、これ。。。
知らなかったのはおれだけか…。(-。-)

必ずしも読みやすい訳じゃないけど、でも面白い。
これだけ無責任に(笑)読める本は、
北杜夫氏の「どくとるマンボウシリーズ」以来な気がする。
もちろん、わたしが読んだ本の中で、ですが。


わたしが森見氏の存在を知ったのは本屋ではなく
NHKの番組「トップランナー」でした。
本上まなみ嬢(=おでんくん声)が司会だった時代に森見氏が出演していて
本上嬢がやたらと褒めていたので「太陽の塔」という本を読んだのがきっかけ。
読んだ印象は、「クセがあるなぁ(笑)」。


さて「夜は短し歩けよ乙女」を読んでいて、
先斗町を思わずweb検索しました(笑)。
今度、京都へ行くきっかけがあったら
ぜひぜひフラリとしてみたい町です。

ところで皆さん、「先斗町」って読めますか?
MSIMEは変換したらちゃんと出してくれる。
当然っちゃぁ当然ですが、ちょっと感動。
そして、町の名前の由来を調べて
京都人の「粋」な発想にまた感動。


とにかく面白い本です。
現在、再読中。。。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL