TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      

≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

Chorsal《コールサル》6th.コンサートが終わりました


深夜の、久しぶりのblog更新です。

ぼやぼやしている間に、Chorsal《コールサル》6th.コンサートが終了しました。
しばらく前の事ですが、まずは無事に終わってホッとしています。
できた事、というのは当事者からすると本当によく判らなくて
謙遜ではなく、お客様から良かったと言ってもらえたので
たぶん良かったのだろう…という感覚しかないのです。

むしろ課題が、巨大な堆積物となって目の前にある…という感じで
コンサートが終わった達成感というよりも、大きな宿題が来た~という実感。
いずれにせよ、逃げずに次に向かって進んでいきたいと思っています。

----

現在のN響の音楽監督であるパーヴォ・ヤルヴィ氏の言葉に
「音楽をRebornさせる」というのがありました。
再構築というよりも、新たに生み出す、という意味で使っています。
確かに、氏の演奏にはハッとさせる発見というか、この曲はこんな側面があるんだ…
と思わせるところが随所に出てきて、非常に面白い。
深い楽譜の読みと洞察力、音楽的知識と人生経験が重なって
それらを作り上げているのでしょう。

わたしは演奏をする時に、こういうスタンスでありたいといつも思っています。
今そこに生まれてきたように感じる演奏、が1つの理想です。
同時に、その曲をここで演奏した意味を納得させられる演奏会にしたいと願っています。

そういう点では、まだまだ遥かに力及ばず。
生のエネルギーに満ちた演奏としたかったという気持ちが強いですが
これを次の宿題にしたいと思っています。

----

今回演奏会が出来て良かったと思うのは、
今の自分たちの立ち位置が良く見えたこと。
まだまだ道は遠く険しいですが、行きたいところは見えているので
着実に進んでいきたいと思います。
その先に「7th」があるのだろうと。

という事で、街中から離れた会場にわざわざ足をお運びくださった皆さま、
SNS等で応援して下さった皆さま、
ネットで見かけて心の中で応援して下さった皆さま、
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。