TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

今度は自分の話(笑)


「あれやこれや」の連載や、史上かつてない2次会の話ばかりで
自分のblogなのに自分の事を全然書いていない、という(笑)。

まだ4,5日しか経っていないのですが、
もうずいぶん昔の事のような気もします。
今年は、自分が楽しむというよりも「突き進んでいく!」という感触の方が
非常に強い全国コンクールでした。

CANTUS ANIMAEでは、とても「楽しむ」なんて言えない選曲だし
暗譜指令が出ていたので、もう2,3週間前から戦々恐々でした(笑)。
何とかなった訳ではないのですが、曲についてのコンセプトが判ってきてから
ようやく「腹が括れた」感じです。

Chorsal《コールサル》で指揮する方も
「楽しむ」なんて言えるほどの余裕は全くありませんでした(苦笑)。
何か起こるだろうと予想はしていましたが、「こう来たか~(笑)」という感じだったな。
予想とは違った反応にちょっとビックリして対応が遅れました。反省。

史上かつてない2次会も人が溢れかえる心配が常に付いて回ったし
2次会中も常にドキドキしっぱなしでした。何が起こるのかよく判らない。
一番ドキドキしたのは、ノースさんの自己紹介でした(笑)。
まぁ無事に終わって良かった♪

そうやって考えると、
今年の全国コンクールでゆっくり楽しめたのは何だったのかな~?
翌日のうどんツアー後半戦への参戦、かな?
いややっぱり、指揮する方の本番ステージ上だったかな。
一番リラックスできたかもしれない。

----

Chorsal《コールサル》は、とにかくつたない演奏でした。

それでも、みんなで懸命に音楽的主張を前面に押し出して
曲に必要な事は外さないように演奏する事は出来たかな。
ビビったり日拠ったりすることは無かったと思います。
本番で足りなかった部分は、また松山で精進します。
6年前は、後悔しかなかった本番だったので
何か得るところがあった本番だったというのは、本当に良かった。

演奏を聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。
演奏後の拍手が温かくて、本当にうれしかったです。

励みになります!!(^o^)/

スポンサーサイト