TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月
ARCHIVE ≫ 2013年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

「コーラスワークショップin道後」が終わりました(その3)


早く書かないと忘れる~、という事で続きです。

----

5月4日(土・祝)
11:00~受付開始


参加者の皆様がぞくぞくとひめぎんホールへ向かっている間、
会場設営などの準備はもう終わっているか?といえばそうではなく、
皆様がオープンシンギングで集まるメインホールではなく、
サブホールを借りている時間が、11:00~なのだそうで
まだここの舞台設営が出来てません。(山台組みとかね)

11時になったのでサブホール裏からホールへ入ると・・・。

??

すでに山台組みも終わって設営完了。あれ??

聞くところによると、サブホールを開けてくれ、という指示があったそうで
ホールを開けた上でホールスタッフだけで山台組みをしたとか。
あちゃー全く手伝わずにゴメンナサイ(/_-)
どうもすみません、しかしどこから出たのかその指示は?(謎)


仕事が急になくなったので、受講者が通過する受付へ出てみると
懐かしい顔・知った顔がチラホラと来場中。
何だかいいですね、この「始まるぞ~!」感(笑)。
顔見知りとあいさつしたり立ち話したり。


ところで、今回わたしが仕事している部署は
ワークショップ各講座の立案・司会&取り仕切りを担当している
「講習部」
という部署です。その中でのわたしの立場は
どの講座も担当せず、1日の締めくくりで行われる
「セミナーコンサート」の司会をする、のだそうです。
↑この時点ではまだ全然判ってないw

とにかく、基本的にわたしはフリーマンで
すべての講座に顔を出す事が出来ました。
まぁそこで見聞き体験した事を司会に生かせ、という事なのでしょう。

という事で、グンナー・エリクソン先生のオープンシンギングへ。。

----

12:00~12:45 オープンシンギング(グンナー・エリクソン先生)

グンナー先生とお連れの女性、通訳さんがステージへ(…だったと思う)。
受講者は客席にいます。
どんな事をなさるのかなー?興味津々。

するとグンナー先生は、スウェーデンの民謡のフレーズを歌い始めました。

「・・・ラィ~ラリラリラィ~ラリラリラィ~ラリラリラ~・・・」

どことなく懐かしく、切なく哀しいスウェーデンの民謡。
素敵な旋律でした。

まず、このフレーズを全員で斉唱。
そのあと、だいたいの席のブロックごとにカノン(輪唱)へ。。

当然、口伝えのフレーズだからみんなアバウトだし
タイミングを揃えている訳ではないからバラバラだし
座って歌っているからヘナヘナな声だし・・・。

しかしそんな事は全く関係なく、
客席から聞こえてきたのは、
風に揺らされて波打ちつづける深い森の風景でした。

おどろいた。

----

という事で、続きます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。