TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年07月
ARCHIVE ≫ 2010年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年07月  | 翌月 ≫

コンクールの新しい規定


全日本合唱コンクール全国大会の規定で、今年から新たに追加されたのが
いわゆる「10%ルール」というものです。


第2章 第8条 第2項
 出演人数は、県大会もしくは支部大会での最大申し込み人数の10%の増員まで認める。
 ただし、最大申し込み人数が40名未満の場合は4名の増員まで認めることとする。



この条項がなぜ追加されたのか、事情は一応承知していますが(苦笑)
ちょっと微妙な規定でもあります。
「4人まで」というのは、普通にあり得る話だろうと思われるからです。

仕事関係などで出演が申し込み時点まで確定できず、確定人数が読めない団体は
今までならば確定最少人数で申し込んで、
参加費については増員分の差額を事前精算すれば良かったはず。
これからは「想像最大人数(って何だ?笑)-4人」で申し込んで、
もしそれ以上参加者が減ったら参加費分はあきらめる、
という形にせざるを得ないかもしれません。

100人以上の団体はもう片手で数えるほどしかない現状では
4人~10人の増員まで…というのは、何となく縛りが大きいような気がします。
まぁ余り増え過ぎてもネ…ではありますが。
どこかで線をひかなきゃならない。


そういううちも、今回申し込み人数から4人増えた可能性もあって(苦笑)
そしてこの規定が、県大会→支部大会→その先(笑)というステップの
どこからどこまでで適用されるのか、イマイチ判らない部分もあります。
県大会で実際に歌ったメンバー数+4人しか、支部大会は認められない?
いやーよく判りません。認識が間違っているかもしれませんし…。
今回、そういう説明を受けたという話も聞いたものですから。
ただ、人から聞いた話なので正確でない部分もあろうと思われ…。


という事で、これからコンクール出場を申請される団体の皆様、
一度規定の確認をされてから、申し込みをされた方がよいと思われます。
特に、全国大会に出られる予定?の団体の皆様、お気を付けください。


スポンサーサイト