TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

久しぶりに裏方のお手伝い、その他(長いよ)


この間の日曜日は、久しぶりに合唱の裏方のお手伝いでした。
松山市で開催された、全日本おかあさんコーラス全国大会。
そのステージ進行役の一兵卒として、
上手(カミテ)から現れてピアノをゴロゴロと移動させてました。
要するに力仕事役、ね(笑)。
といっても、2日目だけだったけど。

ちなみに、進行部長はわたしの後輩の「魔法の合言葉氏」(判る人には判る・笑)。
まだ若いのに県連理事さんです。
頼もしいなぁ、愛媛県も当分大丈夫でしょう。


おかあさんコーラス全国大会をわたしは初めて聴いた…
というより、舞台袖からずっと見ていたのですが
あの噴き出すようなエネルギーはすごい。
とても感動しました。

全国大会へ出場している!という誇らしい顔。
振り付けの、舞台が狭く感じられるほどの躍動感。
じっくり聞かせる団体の、音楽を味わいつくしている表現。


そしてそして、上手へ退場する時の充実感あふれた笑顔!!


いやー、良いモンですね。
エネルギーを一杯もらいました。
すごいです。


基本的にビブラートが多いから、技術的に怪しげなところも少々あるのですが
音楽を表現しようとする内面の深みは、本当に素晴らしいモノがあります。
さすが、人生の深みがすべて音楽に出る!!

プログラムを見て気が付いたのだけど、
わたしの大学時代の友人も指揮者として出てました。
すごいなぁ。
彼の指揮する団体の演奏も上手袖からずっと聴いていたのですが
張りつめた緊張感の中に内面の深みをジックリと聴かせる、
素晴らしい演奏でした。いやー、アイツやるやなぁ。。
聴いてて感激しちゃいました。。。


それにしても、どの団体も良かった。
あの「音楽してる!!」っていう充実感のある演奏と表情は
生きている喜びそのものだなぁ。



----


さて、そんなおかあさんコーラス全国大会だったのですが
ロビーには「アルコール消毒液」がいくつも設置してありました。
新型インフルエンザ流行宣言が出てるから、対策は必要です。
わたしもロビーに出るたびに、何度も使いました。
たくさん人がいる場所は危険ですね。


そういえば、
福島県合唱コンクールが何と「非公開」で行われる事が「決定」されたそうです。
うひゃー!!
きっと、転ばぬ先の杖という事ですね。
福島県は、全国大会を2,3回開催するぐらい出場団体が多いですから
関係者の方々にとっては、本当に苦渋の選択だったと思います。
心中、お察しいたします。

客席にいるのは審査員だけ、他団体を聴くのも禁止で
演奏後は速やかに会場を離れる…という事ですが
こうなるとコンクールではなくて「オーディション」に近いですね。
非常事態ではありますが、演奏される団体の皆さまの健闘をお祈りします。


そしてまもなく、8/29・30に高知県で四国合唱コンクールが開催されます。
全国最初の支部コンクールなのですが、果たして大丈夫かいな??
「マスク装着を推奨」と事務局からお達しが来たようです。
何事も無い事を祈るばかりです。
うちのメンバーも、体調管理とうがい・手洗いはするように!!


今後行われる他支部でのコンクールや、全国コンクールもちょっと心配ですね。
まさか全国コンクールが非公開…って事にはならないと思いますが
皆さん気を付けましょうね…。
通常の社会活動が出来てこその、合唱活動ですから。


スポンサーサイト