TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年06月
ARCHIVE ≫ 2008年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ユーモア?


レコード芸術7月号の巻頭インタビューは
シェーンベルクVn協奏曲のCDを出したヒラリー・ハーンでした。


彼女のいう言葉を読んで、がく然。


シェーンベルクの曲について、彼女は
「ユーモアさえ感じる部分がある」
と発言しているのです。


思わずCDを聴き直す。
素人が聴いても明らかに超絶技巧の限りを尽くした演奏です。
音が上下へ飛びまくりリズムも変拍子が混じっていたりするのに
いとも簡単に弾いているように聴こえる。


しかし……。


この曲の、どこがどうユーモアというイメージに繋がるのだろう?(?_?)


CDを聴いて目を白黒させているわたしを
客観的に見たら「ユーモラス」かもしれませんが…。



でもこの文章の「ユーモア」って
きっとそういう意味じゃないよね。(+o+)



世の中にはすごい人がいるものです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。