TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年07月
ARCHIVE ≫ 2005年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年07月  | 翌月 ≫

サテライトコンサートinあさみなみ(No.4)

「ニューヨーク市ヤング・ピープルズ・コーラス」が歌った第1曲目は

アディエマスより「Kayama」!!

アディエマスは、近年流行している癒し系の音楽です。
NHKスペシャル「世紀を越えて」のテーマ音楽等々、たくさん聴かれます。
アディエマスの曲の歌詞は、人工語なので歌詞に意味がありません。
また、使用されている楽器も世界中のものです。
ワールドミュージック、という事ですかね。


しかし、各曲の題名には意味があります。
「Kayama」は「大地」という意味です。



演奏が始まった第1声で、いきなり圧倒されてしまった!!!


それは、アディエマス「Kayama」の世界の声色が、ドカーーーーンと広がったから!
問答無用の、サウンドの説得力!!
全身で浴びる、生命力溢れる声のシャワー!!

1発目から、感涙モノの演奏でした。
声が強いという訳でも、表現力が強い、という訳でもないのですが、
(もちろん、2つの要素とも十分な力量を持っています)
では何が強いかというと、気持ちのパワーが強い!!!

ワールドミュージックであるアディエマスを、
白人・黒人・黄色人種、様々な人種であるメンバーが
声を一つにして確信を持って歌う姿が、
とても普遍的なサウンドを紡ぎ出している。


もう聴いていてうれしくてうれしくて・・・。


曲が終わった時、わたしは大声で「ブラボーーーー!」って叫んでいました!!
もちろん、会場も割れんばかりの拍手!!
余りにも演奏が曲とマッチしていて、本当に素晴らしくて・・・。
わたしは狭い客席の中で大ハシャギ!!!

わたしは前から4列目に座っていますから、
ニューヨーカー達からわたしはよく見えるようで、
たくさんのメンバーと目が合いました。
そして、わたしや他の観客の笑顔を見て、
緊張していた顔がほころんで、にこやかな笑顔に。。。

そして、「ニューヨーク市ヤング・ピープルズ・コーラス」は
だんだんノリノリのハイテンションの演奏を展開していくのです。


あ~、素晴らしい!!!!
演奏者が観客をいざない、観客が演奏者を盛り上げる!!!
これこそ、世界合唱シンポジウムの楽しみの双璧の1つ!!!



・・・ちなみに、双璧のもう1つは
この方が実践してらっしゃいます。
本当に素晴らしいです。
というか、本能の趣くままに動いているんだろうけど。。(ほめ言葉ですラブ



・・・そして、やっぱりチョーうらやましい。。。。

スポンサーサイト