TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2004年06月
ARCHIVE ≫ 2004年06月
      

≪ 前月 |  2004年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

ハリー・ポッター

を、読んだ事はありますか?

映画も大人気で、本の方でも最近第5巻が発売されるのだけれども、なかなか面白い本ですよねぇ~。イタズラ心と可愛さと正義感に溢れている主人公を見るのは、本当に心地よい。わたしは今、第3巻「ハリー・ポッターをアズカバンの囚人」を読み始めたところです。前の2巻以上にドキドキ感いっぱいだし、怪しげな謎の雰囲気に溢れている!うーん、楽しみ!


魔法モノとしてわたしが好きなのは「ゲド戦記」シリーズ。これは本当に面白くて、ハリー・ポッターの様に愛らしいことはないんだけど、話の面白さはそれ以上かもしれない。「すべてのものには名前があり、まことの名前には力がある」という考え方は、非常に好きです。

この「ゲド戦記」を宮崎駿が好きだ!と言っているのを読んでわたしも読んだのだけど、彼もこの本にいっぱい影響されています。例えば「王蟲(おーむ)」ってのも違う種類の生き物で出てくるし、最近の「千と千尋の神隠し」でも、まさに「まことの名前には力がある」というストーリー。非常に面白い話ですよね。

違うところでいえば、夢枕獏の「陰陽師」シリーズでも、「呪(しゅ)」という考え方で、名前がそのものの本質を「縛る」のだ、という思想が出てくる。面白いもんだナァ~と思いませんか?


何だか話がすっ飛んだけど、とにかくハリー・ポッターは面白いんですよ、世間が騒ぐぐらい(笑)。まだ呼んだ事が無い人は、まぁ読んでみなされ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。